FC2ブログ

テーブルの下 2

2014年03月29日
0
0
SM
under_the_table 2



「…なんでもするって言ったよね?」

「…ちゃ、んと言う通りにしたら、…別れない?」

こじれた別れ話に苛立ちを覚えつつ、
軽く追いつめるように言葉を重ねる。

「何でもするって、言ったよね?」
「…うん、言った」

君の瞳の色がおかしい。

喫茶店のテーブル席で下着を脱ぐ。
そんな馬鹿げた命令に、
君の表情が妙にゆるんでいるように感じる。

君は怯えと期待の混じった顔で、
静かに店内を見回した後、
軽く腰を浮かせてスカートに手を入れた。

テーブルに膝が当たり、
気にかからない程度に音が立つ。

そして、目が合う。

どうして君は、
こんな馬鹿げた事をしているのに、
恍惚としているように見えるんだろう。

握りこんで見えないようにしてはいたけれど、
君はそろえた両手をテーブルにのせる。
その中には今まではいていたショーツがある。

君は軽くふるえているようにも見える。
そして頬は明らかに赤い。

「…脱いだよ…?」
「…」
「これで、別れない?」
「…」

まっすぐ俺を見る目は、
まるでセックスした直後のように濡れている。

その表情に押されている自分に気付く。

「…これからも…」
「え?」
「これからも、ずっと俺の言いなり?」
「…」

「…うん、何でもきくよ…?」

別れられなかった苛立ちが大きいのに、
変に興奮した感覚が俺を包む。

女の子を言いなりにできる…?
何でも、言いなりになる…?


その日から、君と俺との関係は形を変え、
ふたりの関係は対等ではなくなった…。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]

憂
Posted by 憂
SM的世界で息抜きする
40代半ばの既婚者
家族が何よりの宝物
歪んだ性癖持ち
現在パートナー募集中…

福岡県北九州市在住
176cm 69kg 非喫煙者

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply