FC2ブログ

明るい檻

2019年02月03日
0
0
SM
薄暗い廊下を無言で歩き、
冷たいドアノブを引くと、
君とふたりで閉じ込められる空間が在る。

目や動作で促して、君を先に部屋に入れる。
大きな音が立たないように、静かにドアを閉める。

ふたりは、閉じ込められる。

荷物を置いたら、俺は上着を脱ぎ、
君の上着も手に取ってハンガーにかける。

君は言いつけを守り、すぐに服を脱ぎ始める。
扉が閉じた瞬間から、君には衣服を着る権利がない。

cloth off2019

ソファーやベッドに腰かけ、その姿を眺める。
遠慮なんてない、ドロリとした視線を、
君の下着や肌に走らせて、微笑む。

「せっかく選んで可愛い下着を着けて来たんじゃないの?」
「…」

小さく頭を下げ、それを肯定する君。

「変態なのに可愛らしくしてたいって?」
「…」

「可愛らしい下着なら、本性を隠せるとでも?」
「…」

そうやって声を掛けられながらも、
君はちゃんと全裸になって、
俺の目の前の床に正座する。

その手には首輪。
君から、人間らしい立場を取り上げる印。

collar2019.png

君の手から首輪を受け取り、
その細い首に巻き着けてやると、
君は安心したように頭を下げる。

「さっき脱いだ下着、上下ともまた着けておいで」
「…はい」

脱いだばかりのブラとショーツをまた手に取り、
俺の目の前でそれを身に着ける君。

「犬が下着を着けるってのは、滑稽だよね」
「…」

「これからもちゃんと、可愛い下着を着けてくるんだよ」
「…はい」

「毎回ちゃんと視てあげるよ」
「…」

「淫乱まんこや乳首を隠してるところをね」
「…」

閉じ込められて、君は逃げられない。

今日も、主の性欲を満たすために、
身体中を使って君は奉仕するしかない。

何でも言いなりになって、
恥ずかしいポーズをとらされ、
嫌な質問に答えながら、
快楽や苦痛に歪む姿を撮影される。

そうやって、そういう事に対する抵抗感も、
少しずつ少しずつ薄められて、君は変わっていく。

調教されていく。

「ほら、ちゃんと感謝しなきゃ」
「…」

「妄想を現実にしてくれた、俺にね」
「…はぃ、ありがとう、ございます…」

ふたりは、お互いを閉じ込め合って、
しつこいくらいに舐め合う。

明るい部屋の中で、
醜い欲望を何度もぶつけ合う。

den6292.jpg


「さぁ、ショーツをずらして、入れてしまおうか…」


 
--------------------------------------------------

 ブログの更新をTwitterでお知らせしています。
 ⇒Twitter-ID:@takaksr280cc

 ↓↓ 「歪み」のランキング確認はこちら ↓↓

SMFOCUS. . アダルトブログランキングへ. 

 

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

憂
Posted by 憂
SM的世界で息抜きする
40代半ばの既婚者
家族が何よりの宝物
歪んだ性癖持ち
現在パートナー募集中…

福岡県北九州市在住
176cm 69kg 非喫煙者

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply