FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

調教の記録31 あふれ出すもの


40日以上の会えない期間。
その後の逢瀬はもう12月になっていた。

13:00予定の待ち合わせは、みきの都合で急遽15:00になった。
それで、余計にどろどろとした欲望は溜まる。

白く、なめらかな肌。
華奢で小柄な骨格。
小ぶりで綺麗な胸。
あと一歩未成熟なサイズの乳首。
張りのある小さなお尻。
黒くて長いさらさらの髪。
少し大き目のクリトリス。

若くて、美しい、M女子の身体。
それを俺の体液で早く汚したい。

隅から隅まで、丁寧に、
もっともっと、ねばりつくようなしつこさで。

首輪を着け、床に正座をした姿は、
そんな欲望をあふれ出させるには十分だ。

seiza201805.jpg

抱きかかえるようにベッドに運ぶ。
みきの息も、もうなんとなく早い。

ベッドに押し付けるように両手をつかみ、
唇を合わせ、その中に、唾液を流し込む。

何度も、染み込ませるように、
みきは、とろんとした目で、何度も飲み干す。

「忘れているぞ?」

そう声をかけると、はぁっと息をつき、答える。

「だ、唾液を、ありがとうございま…す」

俺のしたいように、みきの姿勢を何度も変える。
手や足をつかみ、髪を引き、腰を持ち上げ、顎をつかみ。

そうやって、形式的なSM行為とはかけ離れた、乱れた雰囲気で、
その身体中をいじり回し、舐め回す。

耳たぶ、首筋

喉、肩、鎖骨

腕、頬、指

乳房、脇

腹、乳首

tit201805.jpg

背中、尻

陰唇、内腿

ふくらはぎ、クリトリス

体温がひとつになり、唾液と汗で身体中を埋め尽くす。
小さく途切れ途切れのメスの鳴き声が、部屋を満たす。

足首をつかんで大きく広げ、
開かれた股の中心にペニスをうずめていく。

互いの体液は、繋がるのを簡単なことにしてしまう。
奥まで、奥まで、湿った音と共に、
深く、深く、性器がつながる。

俺は身勝手に、腰を使い、
下敷きになっているM女子の身体で性欲を満たす。

抵抗する権利の無い、首輪を着けたM女子が、
唇を噛んで何かをこらえている。

あっという間にペニスが脈打って、
膣の中に大量の精液を吐き出す。

どろり、どろり、と、
何度目かもうわからない性の混じり合い。
ふたりが、かすかなうめき声をあげて、重なる。

ベッドに押さえつけてから、思ったよりも多くの時間が経っている。
使われたM女子が、身体を小刻みにふるわせ、脱力する。


1時間程度で目覚めてから、今度はみきにコスプレをさせる。
チェックのプリーツスカートから伸びる足。
その両足首を、開いたままの格好で金属製の棒に固定する。

首元には可愛らしいネクタイ、そして首輪。
髪はアップ目でひとつに縛り、可愛らしい姿だ、

だけど、足は閉じられないように固定され、
両手は頭の後ろで組まされて、立たされている。

その姿をカメラに収める。

その、人権を捨てたメス犬を、若いM女子を、撮影する。

シャッター音が小さく響く。

「ねぇ、この姿、一番見られたくない人を思い浮かべてごらん」

「…」

みきの性器から、透明の汁が垂れ始める。
つーっと、糸を引き、オマンコから汁が。

それから、ついさっきたっぷり飲み込んだ、
俺の白濁した精液が、一緒に流れ出す。

イヤラシイM女子の性器から、ぬるりと塊になって、
俺の汚い精液があふれ出し、垂れる。

siru201805.jpg

スカートをめくり上げ、耳元でささやく。

「俺の精液を吐き出したら、もったいないでしょう?」

みきが、頷きながら返事をする。

「はぃ…」

俺は、垂れているそのふたりの体液を手で受け止め、
そのままみきのクリトリスや膣に塗り広げる。

みきがいやらしく声をあふれさせる。

ああ、とも、うう、とも聞こえるような声を。

あふれ出したものでぬるぬるになったみきの性器を、
まんべんなく指先でいじる。

あふれ出す汚い欲望を、M女子の性器に…。

「今日の調教は、始まったばかりだよ…?」

 



--------------------------------------------------
(注)
憂はパイプカット手術しているため、妊娠の危険はありません。
妊娠や病気を避ける為、基本的にはコンドーム装着推奨です。

--------------------------------------------------

 ブログの更新をTwitterでお知らせしています。
 ⇒Twitter-ID:@takaksr280cc

 ↓↓ 「歪み」のランキング確認はこちら ↓↓

SMFOCUS. . アダルトブログランキングへ. 

 



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/370-9dff8954