FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

調教の記録24 海沿いの遊歩道


5月末の気持ちいい空気の日、晴れ上がった空の日、
午前中からみきをオモチャにした、想い出の日。

それが19回目の調教の日。

待ち合わせの駅から車を走らせ、
車内でぽつりぽつりと会話を重ねる。

会えなかった時間の互いのこと。
近況報告的な会話。

普通の恋人同士のような、そんな他愛のない会話だけれど、
俺達は少しも普通じゃなく、異常な性欲を交ぜ合う異常な関係だ。

だからこそなのか、ただの世間話のような会話が、
互いの身体に響く。

car24.jpg

服の上から、
身に付けた下着の上から、
生温かい手がその身体をまさぐるように。

シャツの首元から、
スカートの下から、
冷たいてのひらが忍び込むように。

そしていつもこう声をかける。

「きょうのパンツは?」

みきは俺の言いつけ通り、
スカートを自分でまくり、俺にショーツを見せる。
俺に見せるためだけにショーツをはいている、ということを自覚させる。

car243.jpg

「今日のは普通だね」
「…」

「もっとちゃんと足を開いて、良く見せて」
「…」

黙ったまま、みきは足を広げ、スカートをさらに大きくめくる。
やさしい声かけだけれど、みきに拒否権はない。

そしてまた、なんでもない会話に戻る。
そんな風にシンプルにみきを性のオモチャにしながら、車を走らせる。


とある海岸沿いの小さな公園に車を停める。
後部座席にふたりで移り、変態行為の準備をする。
悪だくみをする子どものような気持ちで、わくわくしながら。

「シャツとスカートだけに、なるんですか?」
「そうだよ」
「…はい」

もう何度も車内で下着を脱いだことがあるくせに、
やっぱりみきは毎回ほんの少し躊躇する。
慣れてしまって何でもない様子にならないところが、とてもいい。

でも、結局は下着を取り上げられ、
薄いシャツとスカートだけの服装にされる。

前開きのシャツのボタンは上から3番目まで開けられて、
首輪代わりのチョーカーを着けられる。

「こっちが本当の姿のくせに、なんで恥ずかしがるの?」
「…」

「ああ、本当のみきは恥ずかしいメスだって分かってるんだね」
「…はぃ」

「全裸で首輪が当たり前でいいのにね」
「…」

そんな風に声をかけながら、
みきのクリトリスにリモコンローターを貼り付ける。

確かめなくても、みきの割れ目が濡れているのが分かる。
みきの性器はそれを隠せた試しがない。

変態だから。
空想やネットの世界だけの「スタイル」じゃない、本物の変態。

車内で軽いキスをして、ドアを開ける。
こんな中年男のペットになっているみきに、唾液のご褒美。

公園を背に海沿いの遊歩道を目指す。
脇道から唐突に表れた郵便配達のバイクに驚き、
みきはビクっと身体を固くする。
その様子がおかしい。

わざと小馬鹿にしたような視線と笑顔をみきに送る。
みきはうつむいてまた歩き始める。

海沿いの遊歩道は思ったより遠くまで続いていて、
堤防脇の緑と、空の青と、海の碧が綺麗なのに、
みきと俺はそんな綺麗さを汚すような変態行為にふける。

リモコンローターのスイッチを入れると、
みきの足取りが一瞬だけ変わる。

俺の腕を掴もうとするが、それを避け、
みきのシャツの前を広げてやる。
可愛らしい乳首が丸見えになる。

身体をよじって逃げようとするから、命じてやる。

「シャツのボタンは全部外してごらん」

すぐに実行できない様子を感じ取ったので、
追い打ちをかけてやる。

「ボタンを全部外しなさい、って言ったんだよ?」

みきがボタンを順番に外していく、
6つほどあるボタンはすべて外されて、
シャツがだらしない隙間を作る。

何もしなければ中は見えないけれど、
ほんの少し手をかけてやれば、乳房も乳首も露わになる。

さわやかな景色の中で、
常人には理解できない変態なふたりは、
みきの身体でいやらしい遊びを楽しむ。

miki241.jpg

リモコンローターのスイッチを操作し、振動のパターンを変える。
その度に、みきは足腰をよじり、小さくうめく。
「ぅぅ、ぅぅう」

ときどき胸を丸出しにしてやったり、
乳首をひねり上げてやったりもする。

変態女子の証拠写真をたくさん撮ってやり、
みきがどのくらいキモチワルイ変態なのかを耳元で囁いてやる。

とても遠くに人影がある。

遊歩道のわきにある四阿に座り、
性器を広げさせて写真を撮る。

堤防の壁に手をつかせて、
後ろから性器をいじり回してやる。

見下ろせるすぐ近くの道路を、軽自動車が走っている。

みきの乳房を乱暴にもんでやる。

みきの目はどろりと濁って、
性器から透明なヨダレをたらす。

まだ午前中だ。
さぁ、そろそろホテルに行こう。
こんな常識のない変態女子には、お仕置きが必要だよね。

みきの手を取り、車に向かって遊歩道を戻る。

綺麗な景色から逃げよう、
薄暗いラブホテルがふたりにはお似合いだ。

ちゃんとした首輪が、みきにはお似合いだ。

そうだよね?

 

------------------------------------------

 ブログの更新をTwitterでお知らせしています。
 ⇒Twitter-ID:@takaksr280cc

 ↓↓ 「歪み」のランキング確認はこちら ↓↓

SMFOCUS. . アダルトブログランキングへ. 

 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/359-142befde