FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

小さくて大きな感触

 
child-hand.png

俺の顔を見る度に
 「だっこ」
と言って手を伸ばしていた長男はもう11歳。
時々、抱え上げない程度にぎゅっとすると、まだ喜んでくれる。
でも、父親のハグを嬉しく思ってくれるのは、
きっともう、ほんの少しの間だろう。

時々、眠かったり、疲れている時に、
 「だっこして」
とそばにくる次男は7歳。
夜中のトイレも抱っこで連れて行ったりする。
抱え上げると、俺の身体の匂いを嗅ぐ、
子犬のような行動が可愛い。
あと何年、照れずに抱っこをせがんでくれるだろう?

こんな2人の兄弟は、サッカー選手でもある。
ちゃんとJFAに選手登録された、本物のサッカー選手だ。
もちろんアマチュアだけど。
もちろんキッズだけど。

甘えん坊な彼らだって、試合になれば別人だ。
ちゃんと戦う顔になる。
ちゃんと戦う瞳になる。
真剣にボールを追い、パスを回し、シュートも打つ。
チャンスを作り、ピンチを救うことだってある。

彼らのミスに苛々する事だってあるけれど、
彼らの成長に、たくましさに、胸が熱くなることだってある。

この子達の父親で良かった。
抱きしめて、その温もりを感じると、いつもそう思う。


俺の顔を見る度に
「だっこして!」
と真っ直ぐに手を伸ばすのは、5歳の長女。
2人の兄ちゃんに引っ張られ、すっかり男の子のような娘。
でも、抱き上げると確かに女の子のやわらかさだ。

抱っこしても、じっとなんかしていない。
何がおかしいのか、きゃっきゃと笑い、身をよじる。

だからまた、くすぐって笑わせてしまう。

そしてまた抱っこ。

何度だって繰り返す。

「だっこ」

「だっこ」

「だっこ、だっこ!」

「もーいっぱいだっこしたやんか~」

「だっこ!!!」

本当にもう、いっぱい抱っこしたか?
きっと違う。
まだまだ足りない。

長男も、次男も、長女も、
もっともっとたくさん、抱っこしなくちゃ。

今日の長男は、もう明日にはいない。
今、目の前にいる次男は、明日にはもう別人だ。
足にしがみつく長女は、すぐにいなくなってしまう。

子ども達は、大きくなって、
幼かった小さな彼らは、もうどこを探してもいない。
それはまるで、消えてしまうように、失くしてしまうように。

だからもっとたくさん、
あきれるくらいに何度も何度も、抱っこしなきゃ。

この子達を抱っこした感触を、
俺の手の中で永遠にしとかなきゃ。


 
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/33-da0953c8