FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

調教の記録06 短い時間だけど


touch1231.png

2016年5月の某日、夕方から短時間の逢瀬。

前回の逢瀬からそう時間は経っていないけれど、
珍しく時間を作れたから会えることになった。

だけど当日、残念ながら俺の体調が少し悪い。
それでも会うことにした。

待ち合わせの駅裏でみきを拾い、
ゆっくりとラブホテルへ向かって車を走らせる。

「今日はちょっと体調イマイチで…」
「大丈夫ですか?」

「まぁ、ちょっとダルいだけだから」
「無理して会って下さらなくても良かったのに…」

「いやいや、俺だってみきに会いたいからね」
「…そうですか…」

「まぁ、もしかしたら今日はフニャチンかもだけど、許せよ?」
「私は憂さんに会えただけでも満足ですから」

こんな風に言えるみきがとても可愛いと思う。
そして言葉だけじゃなく、一緒にそばで過ごせるだけでも、
本当に喜んでくれていることも分かる。

passenger l

こんな子に首輪を着けて、
好きなように性欲処理に使えるなんて、
とても幸福なことだと思う。

ホテルに入ってもやはり俺の体調はあまり良くはない。
だけど、みきに首輪を与え、着ているものを取り上げる。

みきは言いつけを守り、すぐに風呂の準備を始める。
根が真面目な子だから、一度言いつけられたことは忘れない。
「ホテルに着いたらとりあえず風呂を準備する」
そんなところも可愛いけれど、従順なM女子の部分が覗く所でもある。

みきは結局のところ、とても恥ずかしいM女子なのだ。

風呂で身体を温めてから、ベッドにみきを押し倒す。

身体中を上から下へ、ゆっくりと舐め回す。
みきが声を飲み込んでいる。

ささやくように、みきにヒドイ言葉を落としていく。

「会えるだけで満足なら、もうこれでやめようか?」
「…」

「まだ1分も舐めてないのに、性器がどうなってるか確かめてごらん」
「…」

「ねぇ、この汚い汁は誰のなに?」
「…ぁ、あ」

「ハッキリちゃんと言ってごらん」
「…ぁ、わ、たしの…」

「ちゃんと」
「み…きの、オマンコの汁、で、す…」

太ももを押さえつけて、みきの性器を指先で広げる。
そのままクリトリスに舌を這わせる。

「汚い中年オヤジの唾液が、おまんこの中にも入ってるよ?」
「…ん、んぁあ…」

体調のせいか、少し物足りない硬さのペニスを、
みきの膣にぬるぬると押し込んでいく。

「ほら、高校時代に一番仲の良かった友達は?」
「…」

「答えてごらん」
「xxxちゃん、です…」

「xxxちゃんに見てもらえたらいいのにね、今のみきを」
「…ぁ、それは…」

「xxxちゃん、みきはこんな風に犯されてるよ、見て、って声に出して」
「…ぅぅ、ぁ、xxxちゃん…み、きは…」

少し柔らかなペニスは、みきの性器の内壁にそって、
いつもよりも密着しているようにも感じる。

「少しやわらかいチンポでも、簡単に飲み込んじゃうんだな」
「ぅう、う…」

「イヤラシくて、変態なオマンコだって証拠だね、そうだろ…?」
「…はぃ、そ、そうです…」

一定のリズムで、みきの中をペニスがこする。
密着度が高いせいか、あっという間に射精しそうになる。

みきの声が高くなる。
俺は動きを少しゆっくりにして、
もっとみきの性器を丁寧に犯していく。

にゅ、ぬちゅ、にゅっ、と小さな音がする。

特別なことは何もせず、ただ言葉で責めながら、
みきの中でペニスをしごく…。

「中に出して欲しい?」
「…は、はい、中に、下さい…」

みきの奥の方で、俺はそのまま射精する。
どくん、どくん、とみきの膣奥に、俺の精液が吐き出される。

歪んだ欲望をため込んだ、白く濁った体液を、
みきの性器の中にドロドロと吐き出していく…。

naka1231.jpg

「中にもらえて、うれしかったです…」

終ってから15分程度の、浅い眠りのあと、
みきはシーツにくるまって、恥ずかしそうにそうつぶやいた。

みきの腰を抱き寄せて、とてもやさしいキスをした…。

 


------------------------------------------


 ↓↓ ランキングアップにご協力下さい ↓↓

SMFOCUS. . アダルトブログランキングへ. 

 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/328-954619a1