FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

調教の記録 04 パイパン


2度目の逢瀬の日に、俺はみきに剃毛を命じた。

「やっぱり、そうですよね」
「当たり前だよ」

「…」
「汚い毛が生えた性器でいいと思う?」

「…思いません」
「だったら、今度は綺麗にしておいで」

毛のないつるりとした女性の股間は綺麗だと思う。
性欲処理用のペットなら、飼い主の趣味嗜好を満たすのが当然だ。

kubiwa1106_201611062202379c3.jpg

そして、トイレや風呂で自分の股間を目にする度に、
自分の立場を思い出して恥じ入ればいい。
その恥ずかしさを忘れないようにすればいい。

そしてパイパンがまだ当たり前ではないこの国では、
やはりその姿はとても変態的で、俺のペニスをちゃんと反応させる。

ちゃんと3回目の逢瀬に、みきはパイパンにして現れた。
剃り跡も真新しく、紅くなっていて、とても可愛かった。

paipan1106.jpg

「恥ずかしいよね?」

首輪を着けられながらみきは答える。

「憂さんの言ってた通り、トイレで意識しちゃうんです」

「家族で旅行とか、友人と温泉とかあるよね?」
「はい、あると思います」

「そんな事情の時以外はずっとパイパンにしてるんだよ」
「…わかりました」

毛のない股間の盛り上がりに、ペニスを乗せる。
みきにその様子をちゃんと見るように命じる。

ホラ、お前の恥ずかしい性器は、
パイパンになってもっと恥ずかしいモノになってるよ?
その上、中年男のこのペニスが今日もお前を犯すんだよ?

ペニスをつかんで、みきのオマンコの周りをなぞる。
みきは目を背けたり、ちらりとその様子を見たりしている。

ぬるぬるになったみきの入り口にペニスの先を当てる。

「ねぇ、バスルームでもぬるぬるにしてたのに、もうこんなだよ?」

持ち上げたペニスの先とオマンコが、
淫乱な汁の糸でつながっている。
透明で、淫靡な匂いの、イヤラシイみきの汁…。

みきは俺の言葉には答えずに、ただ言葉にならない声を漏らす。
「ん、うう…」

ホラ、もう、奥までぶち込んであげようね。

その毛のない性器の、奥深くまで。

っじゅぷ、とくぐもった音を立てて、
ペニスが割れ目をやわらかくこじ開けるように、
オマンコの入り口から奥へと、
歪んだ性欲の汚れをこすりつけながら入っていく。

ねぇ、俺の性器とつながっているところが、本当によく見えるよ…。

sexpa1106.png


------------------------------------------

3回目の逢瀬は雨模様だった。
移動の時からみきをオモチャにして、野外露出まがいのこともさせた。
その話は次の記録に書こうと思う。

------------------------------------------
 


 ↓↓ ランキングアップにご協力下さい ↓↓

SMFOCUS. . アダルトブログランキングへ. 

 
スポンサーサイト
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/322-26d0091c