FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

混ざり合う

 
 
抱き合う。

ただそれだけ。

互いに裸で、抱き合う。

やわらかい素材で、細いものだけれど、
今日も君は首輪を着ける。

普通の恋愛関係のように抱き合っていても、
ふたりの関係はやっぱり普通じゃない。

君を好きに扱える、主と、
命じられたら服従する、ペット。

その空気はだけど、
今日はとてもうっすらとしていて、
主従関係なんてどうでもいいような雰囲気。

in bed 160302


君の頭を抱えるように、
後ろに回した手で君の首から上を丁寧に撫でる。

君は俺の脇の下から両手を回し、
俺の背中にてのひらをくっつけて、
ほんのわずかな動きで俺の背を撫でる。

時々君は、「あぁ」とか「ふぅ」とか声を出す。

時々俺は、抱きしめる力を強くする。

長い時間をかけて、
そうやって裸で抱き合う。

時折、首輪に目をやり、
首輪に触れて、思い出させる。
普通じゃない関係なのに、普通に抱き合っている事を。

まだキスもしていない。

乳房にすら触れてもいない。

なのに、俺の性器はちゃんと固くなっていて、
君の性器は温かい体液を沁み出している。

太腿に手を当て、君の足をゆっくりと広げる。

君の性器の入り口に、ペニスの先をそっと当てる。

「ほら、君が自分で入れてごらん」

そっと声をかけると、
君はその小さな手で俺の性器を支えながら、
ぬるりと自分の性器の中へ俺を導く。

ただ抱き合っていただけなのに、
なんの抵抗もなく、奥までじゅるりと入ってしまうほど、
君の性器はイヤラシイ状態だ。

両手で君の腰を抱き、
しっかり奥までつながれるように力を込める。

そのまま動かずに、キスをする。

最初は軽く触れるように。
それからほんの少しずつ深く、何度もキスをする。

しつこく、時間をかけて、
うんざりするほど、ただ唇を重ねて、
そのうち、たくさんの唾液を行ったり来たりさせるように、
音を立てて、変態的なキスを繰り返す。

kiss601172.jpg


唇が、つながっている性器になったように、
くちゅくちゅと音をさせて、
互いの唇を犯すような、キス。

下半身の本当の性器は、つながったままで動かさない。

唇を離し、君の耳元にささやく。

「このまま、オナニーしなさい…」

そしてまた舌を使って君の唇をこじ開ける。
舌同士を味わいながら、
君は自分でクリトリスをイジリはじめる。

君の呼吸が早くなり、
君の性器の動きが、俺の性器に伝わる。

とてもイヤラシイ時間。

上の穴と、下の穴で、君の体液と俺の体液が混ざり合う。

とてもとても、いやらしいコト。

5分もしないうちに、君はイってしまう。
その瞬間に君をぎゅっと抱き寄せる。

君の吐き出す息の音と、声が俺の耳に届く。

小さな言葉で君を犯す。

「君は性欲処理用のペットのくせに…」
「…」

「こんなセックスなんて、贅沢だよね…?」
「…はぃ…」

君の性器と俺の性器の温度が、
じわりじわりと混ざり合って、ひとつになっていく。

ゆっくりゆっくり、君の中を動く。
君の入り口から、一番奥まで、
しっかりと俺をこすり付けてしまうように。

俺もきっと、すぐに射精してしまうんだろうな。

そう思いながら、
ゆっくりと君のおまんこを、俺は味わう…。

「ねぇ…」

また、君の耳元でささやく。

「とてもイヤラシイおまんこだよね…」


 


--------------------------------------------------------


SMFOCUS..アダルトブログランキングへ.

 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

すごく共感…
ドキドキしたぁ

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/305-979c68d8