FC2ブログ

何度でも

2016年01月27日
0
0
SM
 
 
「ぅぅ、うまく、…できない、で…す」

そう言いながら君は俺の上で腰を振る。
その姿を眺めながら、君の腰回りを軽く抱いている。

「いいから、そのまま続けて」
「ぁは、はい…」

命じられた通りに、
君は俺の目を見つめ続けながら、動き続ける。

「セックスしてるんじゃないよ?」
「んっ、えぇ?」

「お前がしゃぶってるんだよ」
「あ、あ…」

「おまんこを使って、俺のちんぽをしゃぶってるんだ」
「…は、はい…」

動きを止めずに少し呼吸が荒い君。
そしてだらしなく開いた口元。

「ちんぽ、美味しいかい?」
「…は、い…っん…」

銀色のリードを軽く揺らして、
君の立場を思い出させる。
冷たい金属が君の胸や肩に触れる。

kijoui60126.jpg


君と目を合わせて、
下から君を見上げながら、
時々その腰や尻を手のひらで叩いたり、
乳首をいじったりしながら、
ちくちくと君を言葉で犯す。

君が恥ずかしがるようなこと。
君が少し傷付くようなこと。
君の、この瞬間の立場を分からせるようなこと。

口調はおだやかに、ちくりちくりと、
君に言葉の針を刺す。

「これまでは、してもらえるのが当たり前だったのにね」
「…んあぁ」

君は俺の性欲を満たすために、
色んなことを憶えさせられていく。

これまで想像もしなかったことや、
したくないことだって、
首輪の時間が君を従順にしてしまう。

kubiwa1018012.jpg


「ちゃんとできるようになるまで、教えてあげるよ」

俺が満足するまで、何度でも、繰り返し。

君の身体が俺を憶えてしまうまで、
しつこく、何度でも、何度でも…。

 


--------------------------------------------------------


SMFOCUS..アダルトブログランキングへ.

 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

憂
Posted by 憂
SM的世界で息抜きする
40代半ばの既婚者
家族が何よりの宝物
歪んだ性癖持ち
現在パートナー募集中…

福岡県北九州市在住
176cm 69kg 非喫煙者

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply