FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

共犯者の笑顔

 
 
「逆らえないのが、いい」
「うん、逆らっちゃダメだよ?」

うつむきながら君はつぶやく。
隣で寝転んで俺は答える。

「彼氏相手だと、やっぱり逃げちゃうから」
「うん」

君の首輪から垂れ下がった金属製のリードを、
何となく手に取る。

kubiwa1223.jpg


「ホントはされたかったり、するんだけど」
「うん」

手に取ったリードを揺らす。
その僅かな重みが君の首輪も揺らす。

「色々考えちゃって、結局はイヤってなる…」
「まぁ、それが普通だよね」

反対の手で君の尻に触れ、
腰を支えるように力を込める。

「親しき仲にも礼儀あり? みたいな気持ちかも」
「あはは、上手いこと言うね、でも確かにそうかもね」

触れ合ってる部分の体温が、
ほんのりと上がって暖かい。

「ご主人様とだから、できちゃうし」
「うん」

君は自分の首輪にそっと触れて、
頭を回し、俺の顔を見る。

「逆らえないし、これしてるから…」
「だね、君は今、俺のペットだもんね」

共犯者の顔で、君は微笑う。
共犯者の顔で、俺も微笑む。

「あたし、エッチですよね」
「そうだね」

君がまた笑顔を作る。
俺もまた笑顔を返す。

「あの、オナニーしていいですか?」
「え? どしたの急に」(笑)

君は笑顔を消して、
俺の隣に寝転がる。

「オナニーさせて下さい、ご主人様…」
「しょうがない変態女だな」

君の身体の下になった腕を抜く。
リードがじゃらりと音を立てる。

「お願いします…」
「じゃぁ、止めていいって言うまで、ずっとしてなさい」

君はこくりと頷き、
片膝を立ててオナニーを始める。

ona1223.jpg

「んぅ、ぅっ…」
「首輪してリード付けてオナニーかぁ、
 今までの彼氏全員に見せてやりたいね…」

君は俺の顔を見ながら、
だらしない目でオナニーを続ける。

「も、もっと、ヒドイ事言って、ください…」
「ホント、そんな姿、みんなに知られたら、最後だね」

君の乳首を指先でつまみ、ぎゅっとつぶす。
そしてそのまま指先を少し震わせる。

「んあああ、ああっ」
「もっと痛くしようか、変態女には罰が必要だからね」

君は激しく自分の性器をいじる。
俺の目を見ながら、声をあげる。

「ぁ、ぁあ、いく、イキます…っ」
「イっても手を止めちゃダメだからね」

君は苦しいのか、気持ちいいのか、
よく分からない表情を浮かべてオナニーを続ける。

chikubi1223.jpg

とてもイヤラシくて変態でMな君が、
本当に、本当に可愛い…。

本当に、本当にイヤラシイ…。





 --------------------------------------------------------


SMFOCUS..アダルトブログランキングへ.
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/277-d36f9122