FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

変化

 
chikubi007.jpg

「手は使っちゃだめだよ」

そう言って君にしゃぶらせる。

君の乳首にはタコ糸が結んである。
それを時々ひっぱる。

「オナニーしながらやってごらん」

椅子に座った俺の足に間にしゃがんだ姿勢の君は、
右手で自分のクリトリスをいじり始める。
するとすぐに、息が早くなる。
ペニスにかかる呼吸がなまめかしい。

「口は動かさなくていいよ、深くくわえて」

君は返事を返せないけれど、
すぐに言いなりに深くペニスをくわえる。
「口いっぱいにチンポが入ってるね」
「…」
「こんなにチンポをしゃぶるなんて、小学生の頃は思ってもみなかったよね?」
「…」

そっと頭に手を置き、髪の毛をいじる。
「口はそのままで、すぐイクようにオナニーしてごらん」

以前はこんな状態でイクまでには時間がかかっていたのに、
最近の君は簡単にイってしまう。
俺に会う度に何度もオナニーさせられているからだろうか。

君は想像以上に早くイってしまい、
身体がビクンとはねる。

乳首のタコ糸を軽く引っ張りながら命じる。
「ほら、またしゃぶって、オナニーもゆっくり続けなさい」

そろそろ乳首が痛くなってくる頃だ。
でも君はそのままオモチャにされている。
以前の君なら、そろそろ乳首の痛みを訴えてくる頃だけど、
軽い苦痛が快楽になってしまった君は、
そのままでペニスをしゃぶり続ける。

君は変わってしまった。
俺に変えられてしまったのだけど、
君はきっとそうなりたかったんだろうと思う。

ゆっくり髪をひっぱり、口を自由にしてやる。
「もっとしゃぶりたい?」
「しゃぶりたい、しゃぶりたいです」
「大きな声でちゃんと言ってごらん」
「チンポしゃぶりたいです」
「何度も言いながら、またイクんだよ、ほら」

君は俺の目を見ながら、チンポをしゃぶりたいと何度も声を出し、
また俺の目の前でイク。

もう昔の君とのセックスがよく思い出せない。
君はもう甘いセックスじゃ楽しめなくなっているのだろうか…。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/27-55ea4939