FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

お仕置き

 

君は、過剰な苦痛を好まない子だ。
俺も、過剰な苦痛を与えるのは好きじゃない。

そして君は、恐怖心に性感を受ける子でもない。
俺もまた、恐怖や威圧感を与えることでは興奮しない。

だけど君は時々、お仕置きを欲しがる。

「ごめんなさい」
「申し訳ありません」
そんな言葉をつなぎながら、君は性器をじっとりと濡らす。

君が欲しているのは、お仕置きの中身ではなくて、
お仕置きをされてしまう立場。
自分がそういう下位の存在だと思い知らされる瞬間。
きっとそれを君は求めている。

でも、そんなお仕置きをされることが、
「嫌なこと」「ミジメなこと」なのも本当なんだろう。

seiza1126.jpg


だから俺は、君が表情を歪めるような罰を与える。

勝手に下着を着けずにやって来た君に、
一方的なお仕置きをする。

「今日はお仕置きから、だねぇ」
「…はい」

首輪を手にすると、君も俺も気持ちのスイッチが切替わる。

「君は俺にとって、何をしてもいい女、だね」
「はい、好きなように、使って下さい…」

首輪をゆっくりと着けてやると、
君は姿勢を正す。

「全裸に」
「はい」

君はスムーズに服を脱ぎ、足元にたたんでいく。
首輪だけの姿になった君は、また姿勢を正す。

「下着はどこを隠してるんだっけ?」
「あ、えっと、胸と、おまんこ、です」

「2か所?」
「…そうです」

「違うな、胸は左右でふたつ、尻もそうだ、そしておまんことアナル」
「あ…」
「尿道も入れてやろう、それで、7か所だね」
「…はい、ごめんなさい」

君に近付き、腰に手を回す。
そしてそのままベッドの方に連れて行く。

「ベッドに手をついて、足をちゃんと広げて」

無言で君は従う。

「お尻をもうちょっと突き出してごらん」
「はい」

後ろから君の大切な部分を広げると、
予想通りにぬるぬると光っている。

性器を広げた指を離し、
何も言わずに君の尻を平手打ちする。

突然、部屋に乾いた音が鳴る。

「ぃたっ!」

肌にうっすら、俺の手形が付く。

「痛い、じゃなくてなんて言うんだっけ?」
「ぁ、ぁ、ありがとうございます…」

少しだけ不満が混じった声。

「いきなり叩かれて、ムカついた?」
「あ、いえ、そんなことありません…」

横からそっと君の乳房をもてあそぶ。
君はほんの少し体を揺らす。

「そんなに強く叩いてないぞ?」
「はい、あの、驚いちゃいました…」

「あと…6か所、手形を付けようね」
「え、あ、はぃ…」

乳首や乳房を指先ていじりながら聞く。

「罰が欲しかったんだもんね?」
「はい、お仕置き、されたい気分でした…」

胸をいじる手を離し、君の真後ろに立つ。

もう君は、「痛い」だなんて色気のない声は上げないだろう。

うっすら残る俺の手形を撫でる。

君の下半身が緊張しているのが分かる。

hip1126.jpg


「さぁ、どこを叩こうかな…」

「ぁ、あぁぁ…」

君の尻を、やさしく撫でる…。


 


--------------------------------------------------------


SMFOCUS..アダルトブログランキングへ. 

 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/259-4cb3efd1