FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

裏のまま

 
 
結局は裏側であって、表側にはなれない。

どんなに長く、特別な裸の時間を過ごしても。
誰よりも一番、唾液を交換し合った相手だとしても。

後ろから君の肩を抱え込み、
俺がら逃げられないようにする。
俺の性器から逃げられないように。

言葉で追い打ちをかける。
「犯されてるよ?」

back11182.png


君はきっと本当に気持ち悪いと思っている。
少なくともそんな言葉をかけられた瞬間には、
彼氏の性器が入ってるんじゃない事を思い出す。

君は泣きそうな表情になる。
そのくせ、口からもれるのはイヤラシイあえぎ声。

「こんな風に鳴くんだよ」
と俺に教え込まれた鳴き声。


拘束されて動けない君の顎を持ち、
顔中にキスをする。
少しずつエスカレートして、舐め回していく。

頬を、耳を、鼻先を、顎を、
そして唇も、その奥も。

互いの唾液で、互いの匂いで、
身動きできない君は満たされていく。

それが愛情からのものじゃなく、
欲情からのものであっても、
君の性器はぬるりと汁をにじませる。


そんな淫靡な時間を、繰り返し何度も共有する。

誰にも聞かせたくないような、貪欲な性の声を、
君は大きく吐き出す。

だけど、どこまでいっても裏の関係。
君の淫乱な汁をどれだけ舐めて飲み込んでも、
君が俺の精液を何度飲み干してしまっても。

だけど、だからこそ、君とのつながりは色濃くなる。
裏だからこそ、求め合える。

許しが出るまで、ペニスをしゃぶり続ける。

君が疲れ果てるまで、クリトリスを舐め続ける。

性器が中心の愛情交換。
互いをただイヤラシク見つめ合う。

「さぁ、今日は夜になるまでオモチャにするよ?」

「わかったかい?」

kiss1118.jpg

 


--------------------------------------------------------


SMFOCUS..アダルトブログランキングへ. 
スポンサーサイト
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/254-a801429c