FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

パイパン

shaved.png


「ちくちくする…」
「…だから?」
「…」

初めてパイパンにさせたのは、
そういう関係になってから結構経ってからだった。

まだあの頃はパイパンの恥ずかしさにピンときてなかったし、
パイパンの淫靡で生々しい雰囲気も知らなかったから。

風呂に湯をためながら、君につぶやく。
「今日、剃らせるからね」
「え?」
「マンコの毛、全部」
「ええ?」
「ちゃんとあったまって、それから剃るよ」
「…」
「わかった?」
「…は、はい」

君は不安そうな表情で、
なんとなく浴室を眺める。
君を浴室に残し、ソファーに戻る。

元々体毛が薄い子だから、
あっという間に綺麗にしてしまえるだろう。
浴室から出てきた君に声をかける。

「温泉とか、行きにくくなるねぇ」
「…」

不安そうだった表情とは裏腹に、
君は毛を剃られる時にも、過剰に反応する。

シェービングクリームを手に取り、
ゆっくり君の股間に塗り広げる。
君の目は宙を泳ぐような雰囲気になる。

カミソリの刃が肌をなぞる。
無言で、5cmくらいを一気に剃る。

「あ」
反応した君がかすかに身体を固くする。
まだまだ残っている毛を指先でつまみ、少し強く引っ張る。
「動くと、危ないよ?」

カミソリが動く度に、君の肌が緊張してわずかにふるえる。

「子どもみたいになっちゃったね…」
君の目を見て声をかける。
「ホラ、自分でオマンコ広げて見せてごらん」
「…はい…」
「オマンコから何か出てるよ?」
「…」
「嫌がってたくせに、何が出てるの?」
「…のエッチなのが…」
「そんな言い方じゃダメだって、教えたよね?」
「…のオマンコ汁、です…」
「なんでそんなイヤラシイ汁が出てるの?」
「…」
「ほら、ちゃんと自分の言葉で言ってごらん」
「…オマンコ、に…」
「なに?」
「…入れて、欲しい、から…」
「何を入れて欲しいの?」
「ち、ちんぽを…」
「嘘だよね、チンポじゃなくても、いいでしょ?」
「…」
「中をイジってもらえるなら、何でもいいんだよね?」
「…は、はい」
「剃られるのイヤだったくせに、興奮してるやん」
「…」

シャワーで剃った毛とクリームを洗い流す。
ボディソープで手を洗いながら、君にまた声をかける。

「ちゃんとマンコ広げて、待ってるんだよ」

さっきシャワーで洗い流したのに、
もう君の性器はヌルヌルと汁を出して光る。
俺はゆっくりとその穴に中指を入れる…。



スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/25-1615e49c