FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

置き去り

 
 
ためらいながら家を出るけれど、
期待もしてドキドキもしている。

「本当に、こんなことしていいのかな…」

小さくひっかかる罪悪感は、だけど、
お店の椅子に座ってしまえば薄れていく。

特別な相手を目の前にして、
何とも言えない緊張感。

そうして言葉を交わしていくうちに、
相手の指先や口元を目に入れていくうちに、
君の身体はきっと答えを出す。

本能的で強い答えが、
君の中から沁み出してくる。

すっ、と君に指を向ける。
「この指で、君の乳首をつまんでしまうかも、だね」

chikubi1106.jpg


重たい足も、
車に乗り込んでしまえば何ともない。

バタンとドアを閉めたら、
バッグを膝に乗せてしまったら、
窓を開けてもまるで2人きりの空間。

見知らぬ風景に向けて車が走る。
いつもの君は置き去り。

いつものおとなしくて真面目な君は、
自宅の玄関で君の帰りを待っている。

君の首輪を買いに、車を走らせる。
「移動中は、足を大きく開いてごらん」

大きく開いた君の足。
窓から入る風がそっと撫でていく。

君がおうちに帰ったら、
玄関で待っているいつもの君にきっと聞かれるよ。
「ねぇ、どうだった?」

 
どんよりな空も
ホテルに入ってしまえば見えない。

一昨日のうんざりな出来事も、
先月の失敗も、来週の面倒な予定も、
ホテルのドアがガチャリと閉まったら、忘れてしまえばいい。

ドアの鍵がかかったら、
君はイヤラシイことだけ考えてていい。
誰にも話せなかった願望を、
大きな声で告白すればいい。

「じゃぁ、今日はコスプレで犯されるってのを、叶えてあげようか」

「目隠しと、手錠の日にするよ」

「ゆっくりアナルでも遊べるようにしてあげようね」

叶えられるのは、
一生叶えられないと思っていたことばかり。

妄想するだけで終わるはずだった、
恥ずかし過ぎる色んなこと。

手に入ったのは、
異常な自分を受け入れてくれる相手。
もっと汚して欲しくなる、パートナー。

kubiwa1106.jpg


「ほら、俺の唾液も精液も、いっぱい味わって」
「…はい…」
「きみの変態な電池を満タンにして帰ればいいよ」
「…うん、そうします…」

君の性器と俺の性器がゆっくりと深くつながって、
身体から日常を追い出していく…。

非日常な1日、特別ないやらしさで、つながっていく…。


 

--------------------------------------------------------


SMFOCUS..アダルトブログランキングへ. 
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/245-62145a18