FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

音に犯される

 
 
シャワーも浴びさせずに、君をベッドに転がす。
首輪を手渡すと、君は座り直し、
緊張した顔でそれを着ける。

「もう首輪なんて慣れたやろ?」
「そんな事、ないですよ…」

「慣れてもいいけど、忘れちゃダメだよ?」
「…」

「首輪着けたら君は俺のオモチャ、だよね?」
「はい、そうです…」

君の頬をてのひらで撫でる。

「そんな女の子、日本にどのくらいいるだろうね?」
「…わかりません」

「ものすごく少数の、すごい変態女だよね?」
「…はい」

君の髪の毛をやさしく撫でる。

「自分がそんな恥ずかしい子だって、忘れちゃだめだよ」
「…はぃ…」

同じような事を君は何度も言われ、
同じような返事を君は返す。
ふたりはすごく変態だって事を共有する。

「これ、着けてごらん」

君に手渡すのは小さなスポンジ製の耳栓。

恐る恐る君は耳に押し込む。

「聞こえないわけじゃないやろ?」
「はい、聞こえます…」

無言で君の服を脱がし始める。

上着のボタンを外し、
スカートのファスナーを下す。
少しゆるめのカットソーを取り上げ、
ブラのホックも外してベッドの脇に投げる。

ショーツと薄めの黒いタイツの君を、
ゆっくりとベッドに押し倒す。

kubiwa151018.jpg

そして、まるで恋人を抱く時のように、
丁寧で軽くてそっと触れるようなキスから、
君をやさしく犯し始める。

首筋にキスをして、耳たぶにも軽くキス。
そして声を届ける。

「耳の中で、響く音をちゃんと聞くんだよ」
「…ぁ、はぃ…」

そこから、君の口をこじ開けるようなキスをする。

君の身体をまさぐりながら、
乳首や鎖骨を舐め回す。
そして何度も君とディープキスを繰り返す。

ふたりの口の中の音が、君の耳の奥に響く。

びちゃ、むちゅ、ぴちゃ、と。

普通のセックスのように、
大切に扱われるように、君は俺に抱かれる。

でも、耳の中で響くのは、
「お前はイヤラシイ変態女だよね?」
という唾液の混ざる音。

kiss20151018.png

やさしく大切に抱かれているようで、
本当はただ犯されてオモチャにされている君。

耳の奥からの、湿った音に犯される、君。

「ほら、しゃぶるんだよ、ちんぽを」

「できるだけ音を立てて、ね…」

 



SMFOCUS..アダルトブログランキングへ.
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/235-ba7f049a