FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

最後から2番目の日

 
 
俺の姿を見つけた瞬間から、
「それじゃ、またね」と手を振る瞬間まで、
その数時間、君は解放されていたのかもしれない。

そして俺に会う度に君は、
君の中の混乱や迷いを整理したり、
諦めていたものを手に入れていたのかもしれない。

irama06.jpg


だから君は俺との別れに取り乱さなかった。
ちゃんと自分の未来を考えて、関東への転居を選んだ。

そして偶然ながら俺も、
そのタイミングで生活を大きく変える事になったから、
引きずられる想いを忘れる事ができた。

別れることが決まってから、会ったのは2回。

そのうち、性行為は1日だけ。

その日の性行為は首輪を着けただけの、
なんでもない普通のセックスだった。

なんでもない普通のセックスを昼間に1回、夜にもう1回。

拘束することもなく、目隠しするわけでもない、
言葉責めもせず、バイブやローターも使わなかった。

ただ、とても穏やかに、静かに触れ合い、舐め合って、
正常位で長く長くつながっていた。

少しだけ普通じゃなかった事と言えば、
「精液だけは絶対に飲ませて下さいね」
と君が言った事くらい。

そして最後のセックスの後、俺も君もさっぱりした顔で、、
新しい生活の事ばかりを話していた。

それが俺達の最後から2番目の1日だった。

俺たちはまだ若かったし、
いつか終わることが決まっていたから、
きっと何でもないように受け入れることができたんだろう。

でもやっぱり、主従の時間はあまりに短かった。


次に手を取り合う誰かとは、
もっと長く楽しめたらいいと思う。

時々しか会わずに、ゆっくりと時間をかけて、
それでも飽きてしまうくらいまで、何度も、何度も。

fucking4.jpg

互いの性器やクリトリスの形が変わってしまうくらいに、
深く、いやらしく、変態的に、何度も…。

いつか最後の日が来てしまう時まで…。


 


SMFOCUS..アダルトブログランキングへ.
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/204-4a856892