FC2ブログ

どうにもならない…?

2015年07月28日
0
0
雑文
 
 
手に入らなかったもう一方。

選ばなかったもうひとつの選択肢。

失ってしまった大事な時間。

そういうものに気持ちが揺れるのは、
人間の性質であって、当たり前なんだそうだ。

手に入ったもの。

選び取った片方の選択肢。

手元に残った宝物。

そんなものが、例えその手にあったとしても、
人間は「いつかの誰か」や「失ってしまったもの」に、
心を動かされるものらしい。

「あっちを選んでいたらもっと良かったかもしれない」
「こうやっていればアレが手に入ったかも」

down.jpg


「失くしてしまったもうひとつ」には色々あって、
そのひとつを俺はまだ欲しがっているんだろうな、と思う。
贅沢な話だろうが、「欲しい」って気持ちはどうにもならない。

10年以上、普通の性行為だけだった。
そしてそれは俺にとって結局「足りなかった」んだな。

このまま「足りない」ままでどれだけやり過ごせる?
このまま「不満」をため込んでいけるのか?

それが分からないから、
満たさなくても大丈夫なのか、分からなくなってる。

逃したもう一方だろうが何だろうが、
手に入れようとしないなら、絶対に手には入らない。

でも、欲しいと言いながら手を伸ばせば、
いつか届くかもしれない。
そんな可能性とチャンスが生まれるのかもしれない。

これを読んでいる君も、その手を伸ばしたい?

俺はこの手を伸ばして捕まえようとしてる。

君の髪の毛をしっかりとつかみ、
顔を上げさせる。
怯えているような表情の君。
そのままその口に舌を差し込んで、
君の舌や唾液を味わう。

君の乳首に手を伸ばし、
捕まえたら好きなだけイジってやればいい。
指でつぶして、舌で味わえばいい。

君の陰唇をなぞったり引っ張ったりするためにだって、
俺は手を伸ばす。

tit catch d

そうやって手を伸ばして探し続けると、
いつかイイコトがあるかもしれないじゃないか。

いつか「失ったはずの快楽の時間」が手に入るかもしれないじゃないか。
どうにもならない事なんて、実は少ないもんなんだから。

 
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

憂
Posted by 憂
SM的世界で息抜きする
40代半ばの既婚者
家族が何よりの宝物
歪んだ性癖持ち
現在パートナー募集中…

福岡県北九州市在住
176cm 69kg 非喫煙者

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply