FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

軽い痛みで

 
何を求めているのか

何を求めてしまうのか

君の表情からなんとなくは分かる
でもそれはハッキリ理解できてるわけじゃない

君の乳首をゆっくりつぶしながら
君の表情を眺めながら
そんな事を思う

君が声をこらえる

「声を出しちゃダメだからね」

こくこくと君はうなずき
その表情を確かめてから
俺は君の乳首を口に含む

君の小さな乳首は固くなり
周囲の乳房ごと吸いながら
舌先でゆっくり味わう

俺の唾液で君の乳首が犯されている

舌先で乳首をつぶすように舐めながら
反対の乳首を指でやさしくつぶす

君はこらえきれずに小さな声をもらす

俺はそれを聞き逃さず
乳首から口を離す

「声、出しちゃったね」

「・・・ごめんなさい」

「じゃぁ、お仕置きは乳首に与えなきゃね」

にこりと笑いかけながらそう告げる俺に
君は返事を返さない

「ベッドから降りて、そこに立ってごらん」
「・・・はい」

俺はベッドに腰かけ
目の前の君の両方の乳首を指でつまみ
ゆっくりと時間をかけてつぶしていく

tit catch3


「動いちゃダメだよ、声もダメ」

目を合わせたのを合図に、指に力を込める

君の可愛らしい乳首が
俺の指につぶされて形をなくす

君の顔が歪む
快楽なのか、痛みなのか
俺にはよくわからない

でも、俺のしたいように、する
また指に力を込めて、君の乳首をつぶしていく

「「気持ちいい」って声を出してごらん」

そう言うと、君は苦しそうに声を出す

「き、もち、い、い」

「何度も言い続けて」

俺は指の力を抜いたり、力を込めたりを繰り返し
君の乳首をしつこくイジメる
軽い痛みでも、君には十分なお仕置きになっているのだろうと思う

「・・・き、も、ちいい・・・きっもち、い、い・・きもち、い、いい・・・!」

君のみじめな姿と声で
俺の性器はどんどん硬くなる

君は切ない表情で体を硬くして声をあげる
そして君の性器も間違いなく濡れている

ふたりの性器は、触れていなくても
いつも深く、つながっている

amore.jpg
 

スポンサーサイト
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/161-9cd9d8c6