FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

すぐにでも…


ソファーの前に
椅子を向い合せに置く

靴下を脱いだ俺は
その椅子にゆったりと座る

ソファーの上の君は
いつものように首輪を着け
つながった細い鎖は
俺が座った椅子の足に巻かれている

暑い時期で薄着の君

今日も服を着たままでオナニーをさせられる君

「もうイっちゃうってギリギリで止めるんだよ」
「・・・はい」

skirt ona

ショーツ越しに指先を小刻みに動かし
君は自分の性器をこすり続ける

「ぅぅっくっ」

妙な声を出しながら、イク寸前で手を止める。

「うん、じゃぁ、靴下は両方脱いでいいよ」
「…はい」

「靴下を脱いだら、俺に飲み物取ってきて」
「はい」

ペットボトルを受け取りながらまた指示する。

「さぁ、また同じようにギリギリまでね」
「・・・はい」

君はまた俺の目を見ながら自分で自分をいじる
そしてまた喉を震わせて指を止める。

「じゃぁ、上半身はブラも取って、シャツだけになっていい」
「はぃ・・・」

スカートとTシャツとショーツ
残りはあと3枚

つまり、あと3回は寸止めオナニーしなきゃいけないわけだ

「次はショーツを脱がせてあげるよ」
「・・・はい」
「そしたら直接いじれるし、うれしいよね?」
「・・・はぃ、うれしいです・・・」

「ほら、もっと足を開いてから、はじめるんだよ」

首輪とつながった鎖がカチャカチャと鳴り
君の表情は歪む

上着と靴下とブラジャーと
もう3回も寸止めされて
君の性器はとても敏感になっているようだ

face_201507012237008a6.jpg


あっという間に君はまた身体を硬くして
指の動きを止めた。

ショーツを脱ぐ君に声をかける

「これはね、オナニーじゃないんだよ?」
「・・・」

「俺に強制されてるんだから、オナニーじゃないんだ」
「・・・はい」

「丸見えになったから、おまんこの中でも遊べるね」
「・・・はい、中もオモチャにして下さい」

「いい返事ができるようになったね、うん」
「・・・ありがとうございます」

椅子から立ち上がって君にキスをする
とても普通で、何でもないキス

「さぁ、まだ服は2枚残ってる、続けて」
「・・・はぃ・・・」

うっすらと微笑んで、君を眺める
君は本当にいい子で、とても可愛い

表の生活では、とても真面目でおとなしい君が
今はイヤラシイ汁をたらし続ける変態な女の子だ

その穴の中に、俺のモノを早く入れたい

君の奥まで深く、ちんぽを入れてしまいたい・・・

 
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/160-1c1763ab