FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

悪戯してるような

 

平日昼間、
民家を離れた運動公園には人影がない。

特にグラウンドやその周辺の周回歩道、
日陰を作る四阿にも、人の気配はない。

graund.jpg


ベンチにふたりで座り、
遠くを走る車を眺める。

その車の数もかなり少ない。

まじまじと見れば透けているのが分かるワンピース。
その上から羽織るための上着。
もちろん君は下着を着けてはいない。

誰かとすれ違っても、
君がそんな状態だって気付かれることはまず無い。

でも、君は自分がどんな事をしているか、
どんな命令に従っているか、よくわかっている。

だから、恥ずかしい。

グラウンドの奥側のベンチから、
この公園の駐車場が見える。

背後は植え込みで、
俺達の姿は隠されている。

君の隣に座り、
ワンピースをまくり上げさせる。

「丸見えだなぁ」

「駐車場から歩いてきただけなのに、もう濡れてるやんか」

「・・・だって」

恥ずかしがってはいるけれど、
悪戯しているような楽しさもあって、
妙な笑顔になるふたり。

ここで君の性器に、色んなおもちゃを入れる。
太いのや、長いのや、振動するもの・・・。

遠くの駐車場に時々入ってくる車は、
仕事をサボっている営業マンだろうか、
車を降りても、自動販売機くらいにしか近付かない。

妙な笑顔と、中途半端にあえぐ君。

おしりの下のタオルにも染みができ始める。

「さぁ、コレ使ってイキなさい」

俺は周囲を眺めながら、
隣でローターを使う君の小さな声を聴く。

「イったら、今度はどこに行こうか?」

君を見ると、妙な笑顔は無く、
野外でオナニーをさせられているメス犬の顔があった。

「外でもイケるようになっちゃったね」

「・・・」

「変態だ」

「はい・・・変態で、ごめんなさい・・・」

yagai02.jpg


イってしまった君に、妙な笑顔が戻ってくる…。

 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/155-25b95129