FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

演技

 
 
人の行動なんて半分は演技みたいなものだ。

でも、その演技が君を変えていく。

自分はどんな人になりたいか、
他人にどう見られたいか、
どんな風に振る舞えばいいか、
どう行動すれば、楽しめるのか。

意識していようが、無意識だろうが、
そんな計算の上で多くの人が「自分」を演じる。

「私はこんな風に見られたいんだよ」
「あたしはこんな子だよ」

cara.jpg


君も演じているでしょう?

職場でいい評価を得るために。
学校で明るい元気な子だと思われたくて。
バイト先ではクールなふりをしたり。
彼氏の前では少し強気な子になっていたり。

まぁ、性格上、演じるところまでいけない、
そんなおとなしい子もいるのだろうけれど、
そういう子には生きづらい世の中かもなぁ、
と思ったりもする。

演じるのは楽しむため。

自分を、人生を楽しむため。

だけど、性欲処理用ペットとして飼われたら、
もしも俺のパートナーになったら、
君は俺を楽しませるために演じることになるんだ。

そして命じられるままに演じているうちに、
それは本当の姿になっていく。

「くだらない」 「バカげてる」 「キモい」
そんな風に思いながらも、従わなくちゃいけない。
服従するというのはそういうこと。

君はいつも考えてなきゃいけない。
「私の身体や声でどうやって満足してもらえるか」
「どういう反応を返せば喜んでもらえるのか」
「どうすれば、もっともっと変態でイヤラシイ女になれるのか」
考え、実行することを、やさしく強制される。

そうして、演じているうちに、
君は本物の変態女になれる。

openm.jpg


そのうち素直に言葉が出せるようになる。
「お願いします」
「触りたいです」
「ありがとうございます」
「まだ大丈夫です」
「ごめんなさい」
「もっとよく見て下さい」
「その通りです」
「しゃぶりたいです」
「ガマンします」
「飲ませてください」
「イキたいです」
「恥ずかしいです」
「おかしくなります」
「大好きです」
「入れて下さい」


命令するのは俺で、
教え込まれるのは君だけど、

変わるのは君の意思。
そんな子になりたいのは、君自身の願望。
演技はそのきっかけなだけ。

「本当のあたしはこんなに変態なんだよ」って…。

君は、君の望み通りの変態女になって、
俺に向かっておまんこを開いて、
口からよだれを垂らして、
俺の精液を飲み干せばいい…。

samen.jpg



スポンサーサイト
[PR]

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://dive2live.blog.fc2.com/tb.php/135-a51fda0a