FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

みき 調教の記録 02 初調教


パートナーになることを約束してから、
カカオトークで次に会う日の話を重ねる。

次に会う日はつまり、初調教の日ということだ。

「4月に会う時は、ちゃんと性器をつなぐ」
それがふたりの最初の目標だった。

みきは処女とは言えない子だったけれど、
ペニスを奥深くまで受け入れた事はない子だった。

まだほとんど汚れのない、若く綺麗な性器。
俺のペニスで奥深くまで汚されることが決まった性器。

次に会う日を相談しながら、互いの日常の話も重ねる。
少しずつ心理的な距離が近付くのと同じように、
管理や支配という部分もほんの少しずつ色濃くなる。

でも、みきは俺に会いたいという。
次に会う時は、女の子として普通の扱いはしてもらえないのに、だ。

会えない間に命じるのは、当然ながらオナニーが主だ。
まだ一度も触れ合ってすらいないのに、
みきはオナニーの管理を受け入れる。

服従オナニー。

オナニーと呼べるのかどうかも怪しい、自慰行為。
命じられたなら、気分が乗る乗らないなんて関係なく、
俺の指示に服従して性器をいじる義務を課される。

20160919ona.jpg

そんな立場になったことを、少しずつ憶えさせられて、
きっとこの子は変わっていくんだろうな、と思いながら、
やりとりを重ねて4月の上旬に会う日を定めた。

そして待ち合わせの日は雨。
小雨とは言えない程の雨。
待ち合わせの駐車場に辿り着いても、雨脚は弱くはならない。

20160919rain.jpg

傘を持ってみきが車に近付いてくる。
躊躇なくドアを開け、みきは乗り込んできた。

ふわりと甘い香りがする。

シャンプーや体臭の混じった甘い匂い。

ラブホに向かって車を走らせながら、言葉少なに会話。

「ねぇ、これから俺に犯されるの、分かってる?」
「…はい」

「奥まで、俺は遠慮なく入れちゃうよ?」
「…はい」

「服従オナニー、気持ちよかった?」
「きもち、よかったです…」

1時間ほど走り、ラブホに車を滑り込ませる。
表向きはあまり緊張も見せず、みきは車から降り、
ふたりで並んでラブホの廊下を歩く。

まだ、手もつないだことすらないのに、
ふたりは性行為を楽しむための部屋に、入る。

荷物を置くとフロントから確認の電話、
それが終わると、すぐにみきに命じる。
初めての日にはこうやって犯してやろうと決めていたことを実行する。

「今すぐ全裸になって」
「え」

部屋に入って5分も経たない、
優しげな会話も、まともに顔を合わせる事も、
手や肩に触れることも、抱き合う事も無いままで、突然の命令。

「ほら、犯されに来たんだよね?」
「…はい」

みきは声も小さく返事をして、服を脱ぎ始める。

初めて見るみきの身体は、予想以上に綺麗で、
一瞬、こんな可愛らしい子を性玩具にしていいのか、と思う。

「ベッドに仰向けに寝転がって、足を抱えてオマンコをしっかり広げて」
「…」

もうみきはまったく抵抗せず、言いなりだ。

「パッと見て分かるくらい、濡れてるね」
「…」

「ねぇ、まだ手もつないだ事も無いし、一切触れ合った事も無いのに」
「…」

俺もズボンを脱ぎ、パンツから固くなったペニスを取り出す。

ゆっくりとみきに覆いかぶさって、イヤラシク濡れたオマンコに、
俺はペニスの先を押し当てた。

「ねぇ」
「は、はい…」

「…初めて触れ合ったのが、性器同士だよ」
「…はい」

ペニスの先にみきの体温が伝わってくる。
みきのオマンコが少しうごめくのを感じる。

「きっと忘れないよね、こんな異常なこと」
「…はい」

みきは一瞬で目の色がおかしくなっていて、
さっきまで清楚で可愛らしい大学生だったはずなのに、
泣きそうな雰囲気で目をトロンとさせている。

俺はぬるぬるになったペニスを使って、
みきのクリトリスをいじりながら、命じる。

「ずっと忘れちゃダメだよ、一生」
「ぁ、あっ…はい」

クリトリスを刺激されて、みきが声を漏らす。

「これが俺とお前の関係だし、お前がそういう立場だってことを」
「…はい」

きっと俺も、ずっと忘れない。
ほんの数分間の初めてと言える接触の瞬間は、
本当にイヤラシイくて異常な瞬間だった。

みきの性器と俺の性器からにじみ出した体液が、
わずかな音を立てて、ぬるぬると混ざる…。

それからみきとゆっくりキスをする。
たっぷりと唾液をその口に流し込む、キス。

20160919sexkiss.png

初めての調教の日、みきはとてもいやらしく、
嬉しそうに何度も俺の唾液を飲み干した…。
 


--------------------------------------------------------------

SMFOCUS..アダルトブログランキングへ.

 
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

みきの感想 調教記録 01


【調教記録 01】 についての、みきの感想。

「懐かしかった」

まぁ、そうなんだろうけど…。(笑)

kiss60130_20160910231939333.jpg

指定の場所に現れたみきのすました雰囲気と様子を想い出すと、
ちゃんと俺の性器が軽く反応する。
ちょっと笑顔になる。

調教記録を書く度に、ブログに対するみきの感想や、
調教時のみきの気持ちを確認してみようかと思う今日この頃。

なんだこのお茶を濁すような短文日記は。(笑)


--------------------------------------------------------------

SMFOCUS..アダルトブログランキングへ.

 

みき 調教の記録 01 初めての待ち合わせ

 
みきが初めて連絡をくれたのは2016年3月3日。

「お話ししてみたいと思い、メールしました。
お時間のあるときに、お返事頂けると嬉しいです。」

そんな風に簡単で短いメールだった。

みきのメールは比較的サバサバとしていて、
特別に媚びるような様子もなく、M性を感じるものでもなく、
女性らしさや可愛らしさを強調するでもなかった。
つまりはとても普通の雰囲気のメールが続いた。

みきは大学生でとても若い。
その割には文章や受け答えはしっかりしていて、
年齢にそぐわない落ち着きと、年齢通りの緊張を感じさせた。

数日後、メールからカカオトークへとステップアップし、
軽い通話もして、互いの距離を少しずつ縮めていった。

20160904-1.jpg


とても普通の子で、とてもマトモな子だというのが理解できて、
こんな子を俺の精液で汚したい、と思える子だった。

そして3月の中頃、夕食を一緒に食べる事になった。

待ち合わせの100円ショップに現れたみきは、想像通りの小柄な黒髪で、
想像通りの真面目そうな普通の女の子だった。
そして予想よりもずっと可愛らしかった。

食事中の個室でのみきは終始恥ずかしそうに俯き、
その後移動したカラオケボックスでも、同様だった。
恥ずかしそうにしている、普通の女の子、
だけど会話の主な内容は「みきを性のオモチャにする」というテーマだ。

俺がしつこく確認したのはひとつ。
「同世代同士の普通の男女関係よりも、俺との異常な関係が良いのか」
「俺に犯されたいのは、何かの理由で自分を傷付けるためじゃないのか」

おだやかに、静かに、確認し合う。
お互いの普通じゃない性的な願望、歪んだ欲望。

「これから君の身体を性のオモチャにして遊ぶんだよ?」
「はい…、そうして下さい」

「俺みたいな中年オヤジの唾液や精液を飲めるの?」
「…飲まされたいです」

「普通じゃない場所でパンツ脱げって言われて服従できるの?」
「…し、従います」

そんな事を遠回しにやさしい言葉でやりとりする。
触れてはいないけれど、みきの下着に手を突っ込んでいるようなものだ。

usirokarateman-1221018.jpg

だけどそんな会話の先で、みきは俺のペットになることを選んだ。

一緒に食事をし、
下らない話をして、
確認するような話をして、
5時間にも満たない時間を一緒に過ごし、
指先ひとつも触れ合うことなく、
みきはその身体と心を、俺のオモチャにと差し出す事を決めた。

可愛らしく、おとなしそうな姿だけれど、
性的な経験も決して豊富だとは言えない女の子だけれど、
みきはとてもイヤラシイ子だ。

初めて会った日は結局、一瞬も触れることのないまま、とある駅前で別れた。

帰宅した俺はブログの一部を改変し、パートナーの募集を終了した。

 

--------------------------------------------------------------

SMFOCUS..アダルトブログランキングへ.