FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

首輪はしるし

 
 
君にかけた首輪。つながったリードを、
勢いよく引っぱたりしない

絶対に。

人間に首輪をかけた経験がある人であれば、
誰もがピンとくるはず。
本物の犬に首輪をかけるのとはまったく違う。

逆にやった事のない人には、
よく分からない事なのかもしれない。

首輪はあくまでも「しるし」であって、
動物に使うような本来の使い方で使うものではない。

つまり、リードを付けた状態でひっぱり回したり、
動いているところを突然止めたり、
そういった事はやってはいけない事だ。

犬や家畜と違い、人の首はとても弱いものだ。
大きな怪我、事故につながる可能性がある。

簡単に首輪だリードだと言うけれど、
そのリードを持つのなら、いつも冷静であることが絶対条件だと思う。


kubiwa021.jpg

「…想像してたよりも、すごい屈辱的です…」

首輪をかけられた君は、
その自分の姿を鏡に映して、
小さな声でつぶやいた。

「うん、そうだろうね」

そう声をかけながら、
リードを君の首輪につなぐ。
君はまた表情を歪めて、小さくうなるような声を出した。

「ぅぅう・・・」

そしてゆっくりとそのリードを引き、
君を連れ回すのは狭いホテルの室内。
ソファーをよけ、
ベッドの周りを行ったり来たりして、
バスルームや洗面所の鏡を見せる。

下らないお散歩遊びのようだけど、
君に与えるショックは小さくはない。

「プライド、ズタズタ?」
「・・・」
「人に首輪なんて、しちゃだめな事、でしょう?」
「・・・ほんと、に・・・」
「泣きそうになってない?」
「・・・ちょっと・・・」

ぐるりと部屋を回り、また鏡の前に立たせる。
そしてリードの先をタオルかけに巻きつけた。

「鏡を見たまま、足を開いて」
「・・・はい」

君のおまんこに指をそっとあててみる。
君は意外なことに無反応だ。

「だけど、すごくぬるぬるだねぇ」
「・・・ぅう」

鏡を見る君の目の前に、
濡れて光る俺の指を差し出す。

「ほら、舐めて」

自分の性液を舐め取る君を見つめながら言葉を続ける。

「首輪されてる君は、人間じゃなくて、メス犬だね」
「・・・」
「そうだよね?」
「・・・すごいショックだけど、すごい興奮する・・・」


君にはめた首輪、つながったリードを、
勢いよく引っぱたりしない、絶対に。

shibari012.jpg


そんな事をしなくても、君を縛り付ける事ができる。
君は、ちゃんと首輪で従順になる。

首輪は君が変態なメス犬だって「しるし」だから。

 
スポンサーサイト
[PR]

教えてほしい?

 
 
主従関係

調教

支配と服従

何となく怖ろしいフレーズが並ぶ
だけど、言い換えればこういう風になる

師弟関係

教育

先生と生徒


君は従順で素直な生徒だったけれど
俺はどんな教師だったのだろうか

教える内容は普通ではなかった
それは確かなこと

教育内容は「いかに俺の性欲を満足させるか」だ

lick-body.jpeg


君が学んだことは
俺の目を見て話す事や
舌の絡め方
俺が好む服装や振る舞い
野外での変態行為の楽しみ方
恥ずかしさを忘れたらおしまいだって事
オナニーを見せる方法
首輪をしてない時の関係の気安さや
おまんこを使ってちんぽをしゃぶる腰使い


首輪の時間は授業の時間
遊びを通して学ぶ時が一番楽しいでしょう?
だから、君の身体で、君の心で遊ぶんだよ

さぁ、もっと舌を突き出して
彼氏とのキスじゃないんだよ?
俺の唾液をぜんぶ舐め取るつもりで
君の舌は性器なんだから

ほら、もっともっと広げて
ちゃんと可愛い表情で言えるよね?
「このおまんこをもっとオモチャにして下さい」って

self open


心配いらないよ
大事な君を壊しちゃうような事をするわけがないだろう?

大丈夫、丁寧に、やさしく
たっぷり犯してあげるから・・・

君はペットだけど、君は性のオモチャだけど
ちゃんと頑張ったら、
ちゃんとギュッとするからね…

 

可能性

 

2015年も5ヶ月が過ぎようとしていて、
何ともあっという間だよなぁ、
という印象が強いんだけれども、
超簡単にこの5か月を振り返ってみる。

チャットやメールやLINEでつながり、
ある程度会話を重ねて、
通話をしてみたりもして、
なんとなくこれ、相性も良さげだし、
ご飯でも行きたいねぇ。
となったM女子さんが3人。

でも1人は千葉県
もう1人も千葉県
んで1人は富山県

うーん、残念…。(^^;)
せめてお隣の県くらいだったら…。

ということで3名様ともそれまで、でした。

まぁ、3名とも最初から距離があるのは分かってたんだけど、
話してると「ああ、これお互い楽しめそうな子だな」
って雰囲気だったりして、
そういう子とは話もスムーズだったり、
楽しかったりしますよね。
ご近所だったら誰か俺のペットになってたかもなぁ。

ちなみに今は3名ともLINEもメールもしてません。

パートナーに成り得ない者同士でつながり続けるのは、
お互い苦しいだけになっちゃうからね。

5か月で3人の方と可能性ができたんだから、
決して悪い成績じゃないと思えますね、うん。

福岡県やその周辺にも、相性のいい子がいる。
それはきっと間違いないからね、

そんな子がメールやブログから連絡をくれるのを、
「もう、LINEしてみよ...。」って決心をしてくれるのを、
ひたすら待って、ブログを更新し続ける。
そんな変態おじさんのつぶやき日記でした…。(笑)

 


タイミング

 
 
人生における様々なタイミング。
当たり前だけれどそれは人それぞれに違うものだ。

例えば俺自身は20歳で最初の就職をしたが、
定職に就いて落ち着いた、と言えるのは20代後半だったし、
嫁さんと出逢い、好きになったのは10代だったが、
付き合うようになったのは20代後半だった。

だけど、大多数の人がおおまかには似たようなタイミングで、
それなりに似通った人生の流れをなぞるのも事実だ。

教育、恋愛、就職、結婚、死亡。
そのあたりの流れは、多くの人が似たようなタイミングをなぞる。
多くの人が似たようなパターンで人生をなぞる。

大多数の平凡な日本人は
6歳前後~20歳前後で教育を受け
12歳前後~18歳前後で初恋を経験し
15歳前後~25歳前後で初めてのセックスを経験する
20歳前後~30歳前後のうちに主な仕事が決まり
25歳前後~35歳前後で結婚し、夫婦や家族との生活を営み
70歳前後~90歳前後で多くの人がこの世を去る

そして、多くの日本人がなぞるパターンは、
20歳前後までの恋人関係が結婚につながらない事が多い
ということだ。

俺自身も10代~20代半ばまでに付き合った何人かとは、
結婚にはつながらなかった。

その事を考えると、
もっと色々な楽しみ方があったのかもしれないなぁ、と思ったりもする。

そして、そういう「楽しみ方」は、女性の方が賢く、上手い。

SM的な話でもその傾向は強い。
10代や20代前半の男性で、マトモな主ができる人はごく少なく、
10代や20代前半の男性が、M男として楽しんでいる場合はごく少ない。

20代後半になるまで、男性にはあまり余裕が無い場合が多い。
心理的にも経済的にも、だ。
将来の安定した生活を得る為の生存競争もあるし、
そういった背景からも余裕が無い事が多い。
セックスだって、質より量(回数や人数)になりがちだ。

だけど、女性は、
10代や20代前半で、マトモなM女子を楽しんでいる子も多く、
女王様となって中年男性を調教している場合もある。

tied touch 2


彼女たちは自分の人生を上手く泳いでいると思う。
自分の年齢的価値や、タイミングをちゃんと理解している。

10代後半から20代中盤で得た色々な経験で
「この人なら大丈夫」という生涯のパートナーを選ぶ目を身に付ける。

20代中盤から30代前半で結婚してからは、
家族や子どもが中心になる事に、ちゃんと気付いているんだろう。
そして、そこに艶めかしい余裕が無くとも、大きな倖せがある事も知っている。

男性と違い、結婚して家庭が中心にきた女性には、
変態行為やSMを思い切って楽しむことは難しいことだ。
自由な時間も少なく、身体に跡も残せない。
ある日突然パイパンになるわけにもいかないからだ。

だけど、そんな条件を上手にかわすような、
さらに賢く強い女性は中年になっても上手くSMを楽しんでいたりもするし、
どう考えても女性の方がそういう楽しみ方に長けている。

そして結局出来上がる組み合わせが、
若いM女性と中年のS男性、という形や
若い女王様と中年のM男、という形になるわけですな。



そこに気付いて色々と楽しめた女性は、きっと人生も賢く生き延びるんだろうなぁ。(笑)


合図を俺に

 
 
友達と待ち合わせ、
なんとなく街をうろついたり、
カラオケに行ったり、
休日の過ごし方がなんとなく決まっていて

walk girls

それはそれで楽しいし、
大事な時間なんだけれど、

そんなのばっかりでいいのかな、と思うことがある。

家に帰り、自分の部屋に戻った時に、
疲れと共に、物足りなさも感じることがある。

どこかの誰か知らない子は今日、こんな…

shibari010.jpg


恋人でも、結婚相手でもなく、
軽いセックスフレンドでもない、

特別な相手との、
特別な時間を過ごしたのかもしれない…。

別にいつもそんな事がしたいわけじゃない。
だけど、自分が特別な子だって、自覚はある。

みんながキモいと言う事で、
自分の身体が反応する事も、知ってる。

いつも想像する、
中年のおじさんの手が、
肌に触れる瞬間のことを…。

old hand


みんなと笑いながらはしゃぐ時間も、絶対に大事。
いつでも「普通じゃない」わけじゃないから。
みんなと過ごす、普通の時間。

でも、みんなが知らない世界も見たい。
みんなができない事を、したい。
みんなとは違う、特別な…。

public 4

特別な…、

普通じゃない、

toy play

わたしだけの…、

あの子たちの知らない時間…

ballgag2.jpg


本当の自分をだらしなく出していい時間…。

みんなとは違う…

そんな時間…。

手に入れたい…。

kubiwa touch

つながれて、服従して、

そんな特別な時間。



ホラ、合図を出せば、すぐそこにその時は来るのかもよ?

 



LINE : yu1zx
Mail :  takaksr280cc@yahoo.co.jp

その瞬間



待ち合わせた駅裏の路上
君の姿を見つけた時
不安にも似た緊張感と
玩具を手に入れた子どもが感じるような歓び

ゆるやかに反応する性器


助手席の君と交わす挨拶
そして下らない雑談や笑い声
だけどそんな他愛ない時間
匂ってくるのは素肌を出す瞬間

軽く反応する性器


公園を歩いたり、買い物をしたり
食事を楽しんだりする時にも
俺が眺めるのは君の内側
そこに隠されてるドロドロした変態なメスの顔

ゆっくりと反応する性器


ホテルの中を移動するふたり
言葉は無く、高まる緊張感
でも、逆に冷めていく思考
君をどう虐めようか、どう犯そうか

反応する性器

under m


首輪を取り出す時

君が着替えている時

カメラを手に取る時

君が正座をするその時

この手が髪に触れる時

君が声を出す時

この指が陰唇をつまんだ時

君の唇が足先に触れた時

俺が微笑む時

君が自由を奪われる時

shibari06.jpg


この舌がクリトリスに届いた時

君がよだれをたらす時

君によだれを落とす時

性器と性器とが触れた時

互いの体液が混じり合う時


普通とは言えないふたりの欲望が
いやらしくつながる
そんないくつもの瞬間

sexhands.jpg



体液で汚し合って
心を綺麗に洗い合う瞬間


つぶやき日記 5/21

 
 
「2日に1度は更新するぞ」を目標に、つぶやき日記でも書いちゃうか。
ということでつぶやき日記

いつも色んなチャットで待機してみて、
ほぼ毎日、1人か2人とほんのちょっと雑談をするけど、
なかなか長期でやりとりが続く人がいない。

理由はある程度予想がついていて、
そういったチャットに来る子達は
その時限りを楽しむ目的の子が大半だからだろう。

以前はチャット上でのオナ指示もよくやっていたし、
イメチャにもお付き合いしていた時期もある。
その頃はリピーターも多くて、
当時はYahooやMSNのメッセンジャーでつながっていたり、
Skypeやメールでのやりとりも頻繁だったりした。

その頃の俺はリアル志向が無かったから、
それでも十分楽しい時間だったけれど、
今はネット上だけの軽い関係は求めていない。

経験者同士の雑談なんかは楽しいので、
ネット上だけのつながりもウェルカムなんだけれど、
リアルに発展する可能性がほとんどないM女子さんとの
オナ指示やイメチャなやりとりは、
楽しさよりも寂しさが先に立ってしまう。

「浮気」「不倫」な視点でも、俺の心理的な基準では
他の女性とチャットや通話をする事と、リアルでの事とで大差なく、
つまりその罪悪感的な部分も同等なのだ。

だから余計に「リアルにつながらない関係」は少し寂しい。

pc touch


じゃぁ、どうしてチャットにいるの?
なんで待機してんの?
って話になるんだろうけど、そこにもいくつか理由がある。

「リアルな経験談、お話」ができる人が時々いて、
その人達との会話が楽しいというのがそのひとつ。
経験者同士の「ああ、あるよね~」的な会話は単純に楽しい。

他にも理由はあるんだけど、
そんな感じで何となくチャット待機する日々。

もちろんパートナーが見つかる可能性だってあるんだしね。

雑談でも何でも大歓迎です。 (^ー^)ノ

 

時には「SMごっこ」だとしても

 

シリアスな主従の時間ばかりじゃなく
「SMごっこ」のように楽しめばいい
そんな時間もないとツマラナイ

緊張感だけの時間は息がつまるから

Sであることも
Mであることも
メリハリがないと続くわけがない

だから、俺は首輪を使う

kubiwa020.jpg


首輪をスイッチにして
君の立場が変わる
お互いの気分も変わる

過去記事『首輪』

外した首輪をいじりながら
他愛のない話をしてもいいし
主従時間の反省会だってしてもいい

そうしているうちに、
上辺だけの主従関係じゃなくなっていく

そして君への調教が進んでいく
もっと淫らで、もっといやらしく、もっと変態に

「SMごっこ」だと遊んでいるうちに
君は俺の性欲処理ペットとして育てられてしまう

Blindfold.jpg


M女子さんとチャットやLINEで会話すると
「性欲が強くて、困るんです」
という話を時々聞く事がある

でも、その性欲がいつまでも続くことはない
表の生活には大変なことや面倒なこともたくさんあって
新しい倖せや楽しみもたくさん現れる

そのうち歪んだ性の欲望のことを忘れてしまうのかもしれない

それはそれで問題なんてないのかもしれないけれど
少し寂しい気持ちにもなるのかもしれない

rainy window


首輪の時間を過ごす

君は変態的な欲望に犯されて声をあげる
身体中を舐めつくされて
屈辱や羞恥で心も犯されて
いやらしく性器を濡らす

首輪の時間を何度も過ごす

普通じゃない場所で肌をさらしたり
オナニーさせられたり
器具に犯されたり

そしていつか首輪の時間が遠い過去になっても
どこかで散歩の犬を見かけたら、鮮明に想い出せるのかもしれない

首輪の記憶を
SMごっこな時を
特別な時間を

あの精液の香りと味を

 

きっかけはどこに


 
どこかの誰かが俺を見つけて
どこかの誰かを俺が見つけて

誰かと俺が深くて異常な関係になる
そんな「縁」につながる、きっかけ

掲示板やチャットで探すけれど
そう簡単にはつかめない

そんなきっかけがどこにあるのか
まったく予想がつかない所がやっかいだ

最初のSM的パートナーは元カノだった
別れ話がこじれた結果
2人は「命じる者」と「従う者」に分かれた。

「テーブルの下 2」

最初の命令が店内での露出行為だった事が
そのまま異常な性行為の方向に向かい
彼女の性癖を知ることと
俺自身の性癖を知ることになった


2人目のパートナーとの出逢いは
とあるアーティストのファンサイトだった
掲示板上で仲良くなった単純な友人だった

個人的にメールをやりとりするようになってから
異常な性癖の話をするようになるまで
3年以上の期間があった

その子が俺にとっての2人目のペットになるとは
だから、やりとりを始めた当初は思いもしないことだった

リアルな関係になってから
それが終わるまでの期間は短かったけれど
濃密な時間を過ごせたのは間違いない

「服従の時間」

もう、過去の2人には
パートナーとしての魅力は感じないけれど
2人のことはきっと忘れない
俺の人生の中の濃厚な想い出だ

またそんな濃密で淫らな時間を手に入れたい
いやらしくて可愛い変態な女の子と過ごす
首輪の時間
主従の時間
解放の時間

tied3.jpg


手に入るまで
諦めたりしない

きっと出逢える

深いところで性器をつなぎ合い、舐め合える君に
歪んだ欲望でつながる、そんな関係の君に


いつか俺と


このブログを読んでいる君が

もしかしたら

未来のパートナーなのかもしれない

dog.jpg

首輪を着けて

俺の目の前で四つん這いになるのは

君なのかもしれない


やめていい、と許可が出るまで

舐め続ける

そんな命令に従って

みじめな気持になるのは

feraa.jpg

君なのかもしれないよ?


ほら、自分で広げて

それは女の子の大切なとこだけど

きみのは、俺のオモチャだよね?

open.jpg


君はそのままで

イヤラシイ事を言わされたり

友達や恋人のことを聞かれるのかもしれない

そんな立場になりたいから

このブログを読んで

性器がうずうずしてるんでしょう?


もう制服なんか着る年齢でもないのに

ただ俺を楽しませるためだけに

そんな恰好をさせられて

school.jpg

そのまま

身体中をいじられて

唾液も

精液も

飲まされて

そんな事されたいのは君だよね?


連れ回されて

どんなところでも

身体を俺に見せて

こっそり変態的な自分をさらけ出したい

outside.jpg


命令されて

逆らえないことにして

本当は変態な自分を

見られてしまいたいよね?

このブログを読みながら

そんな日を思って

いやらしい顔になってる


自由を奪われて

縛られて

君はそんな事も望んでいる

shibari08.jpg

そのまま床に転がされて

君の性器には振動するいやらしい道具が

深く挿し込まれたままで

俺のねっとりしたキスを

その唇と舌でうけとめているのかも

そのままで

性欲処理をされるように

君のおまんこは

俺のちんぽを受け入れるのかも


そんな願望を叶えたいんじゃないの?

だから何度も

このブログを読みにきて

だらしない顔をしてる


変態で恥ずかしい時間が

欲しいんじゃないの?

ねぇ?

 

手のひらの温度


 
またきっと、年齢を感じる焼けた肌の俺の手が、
その白く若い肌に触れる。

ゆっくりと、丁寧に、
その肌のすべてに手指をすべらせる。

全裸なのは、君だけだ。

俺にとって2人目で、今のところ最後のペットM女子。
君はそうやって身体中を触れられるのが好きだった。

少しも激しくない時間。
なのに、君の心はざわざわしていたらしい。

掴まれたり、
揉まれたり、
指先でつままれたり、
叩かれたり、
舐め回されたり、
そんな事とはまた違う、ぞくっとする感覚なんだと、
君は小さな声で告白する。

「時々、最初にちゃんと意識するんです・・・」
「なにを?」

「ご主人様はとても年上で、異常な変態男なんだって」
「そう、まぁ確かに変態やもんね、俺は」

「普通じゃない人から、触られるんだって」
「うん」

「絶対触られたくない、嫌だって言い聞かせるんです、自分に」
「そんな風には見えないけどね」

「でも、そう思う事にしてるんです」
「ん、それで?」

「でも、逆らえない、触られちゃう、いやだ、って思ってると」
「うん」

「ご主人様が腕とか、腿とか、頬に触れた時」
「うん」

「本当に本当に嫌で、ゾッとするんです」
「いい事だね、それ、楽しいやん」
「はい」

「それから?」
「鳥肌が立つくらい嫌なのに、すごく、興奮するんです」
「なるほどね、そうか」

「そしたら、すぐに嫌悪感が消えちゃって」
「うん」

「ご主人様の手で全部いじられたくなります」
「全部?」

「はい、手や指が届くとこ、ぜんぶ」
「おまんこの中や、口の中も?」
「…そうです」

「じゃ今も、俺に触られたくないって言い聞かせてるの?」
「そうです、今、ご主人様とは思ってません」

「じゃぁ、どんな相手だと思ってるの?」
「…全然知らない、気持ち悪い男だって…」

「でも、そんな男の言いなりで、ついさっき全裸になったじゃないか」
「…だって、逆らえない立場なんです、から」

「なんだか、面白いね。」
「…」

「ほら、汚い男が、触れるよ?」
「あ…」

俺はてのひらを、君のへその辺りにそっと当てる。
確かに君の反応は、俺の手を嫌悪しているようだ。

生温かい俺の体温が、君の肌を犯す。

touch 3


そのまま、俺は君の性器の方へ手を滑らせる。
君は足をぎゅっと閉じ、おびえた目を俺に向ける。

目が合うと、その君の唇がほんの少し開く。
そこに、俺は自分の舌を差しこんでいく。
長く唾液を吸い合うようなキスが終わると、君は言った。

「ご主人様の手のひらが、あったかくて、気持ち、悪い」
「気持ち悪いのか?」
「…だから、もっと、触って下さい…」

俺はゆっくりと、君を床に押し倒す…。

 

------------------------------------------


 ↓↓ ランキングアップにご協力お願いします ↓↓

SMFOCUS. . アダルトブログランキングへ. 

変態的な思考や嗜好、志向や試行

 
 
福岡県や、その周辺の県、
つまり佐賀県や山口県や大分県、
出かけた先で色んなところへ立ち寄る。

よく立ち寄るのは「公園」。

公園にも色々あって、
スポーツをする事が前提の運動公園や、
小学生くらいまでの子ども達が遊びまわれる公園や、
大人がゆっくり散歩して楽しめる公園など、
色んな場所に色んな公園がある。

そして、そんな公園に立ち寄って、それを見つけると、
変態的な思考が回り出す。

つまりそれは、公園のトイレ。
公共の場所にある、野外のトイレ…。

Park-Toilet.jpg


出かけた先で見つけるものには他にもあって、

季節や天気にも左右される場所もある。

そういう場所でもまた、
変態的な思考がふわふわと浮かび出す。

つまりは、季節外れの海岸と隠れた岩場。

secret beach


移動中の車から見える建物にも、
そういう思考をかき立てる建物があったりもする。

少し古びた集合住宅や、
客もまばらな大型商業ビル。
そんな場所に立ち寄る事だってある。

静かなコンクリートの中には、
非常時の為の扉がある。

そして、非常階段も。

Emergency.jpg

ここなら、

ここで、

あんなこと、

そんなこと、

こんなこと、

ぐるぐると回り出す、いやらしい思い。
淫靡な楽しさの予感。

ニコニコと、その妄想を眺める。
犯罪にはならない、ちょっとした脳内の遊び。

君をオモチャにして、楽しむ。
色んな場所での、小さな遊び。

そんな秘密のお出かけタイム…。

 

LINE ID

line.jpg
 
 


LINEのIDを晒してみる
ID=yu1zx

俺に興味あるM女子さん、

LINEでつながりませんか? (^ー^)

とりあえず雑談してみませんか?


興味本位歓迎

SM的初心者大歓迎



 

いやらしい記憶を作る

 
 
幼い身体つきを気にする君は、
自信なさげな表情で下を向く。

でも、俺にとっては魅力的だ。

20代前半だった君。
そんな年齢でどことなく未熟な身体つき。
時々着せられる制服。
そういう実際の年齢とのズレは、
妙に変態的でいやらしい。

そんな服装が似合う小柄な君は、
だからこそ、そういう格好をさせられることを、
とても恥ずかしがった。

嫌だったんだろうな、と思う。

だけど、そういう格好をさせていると、
君はいつも性器を濡らしていた。

君はやっぱりMだった。
そして変態だった。
お互い様でイヤラシイ、裏の顔同士のふたり。

osuwari001.jpg

新しいパートナーができたら、
きっとまた倒錯した格好をさせて、
そのままで性器をいじったり、
犯したりするのだろう。

あの頃よりも大きな年齢差が、
お互いをより興奮させるポイントにもなるのかもしれない。

「こんな若い子をいじって汚してる…」 
「こんな中年に舐めまわされて、汚されてる…」

そんな風に、互いを性欲でいっぱいの目で見て、触れて…。

当たり前の普通の関係だとできないような、
おかしくなるような、淫乱で変態な時間を…。

君のおまんこから流れる体液と、
俺の精液を混ぜ合わせて、
ぐちゅぐちゅと音を立てる時間を…。

言いなりになって、
首輪をされて、君はだらしなく口を開く。
はしたなく、足を広げ、
性器を広げる。

もっとその奥が見えるように。

もっと君のいやらしさがわかるように。

ずっと忘れられない、いやらしい想い出を作るように。

 

あたたかい雨の日の遊び

 
 
あたたかくなってくると外で遊びたくなる

雨の日にしかできないこともある

日常じゃやらないこと
いつもならできないこと

ひとりじゃできない遊び

子どもの頃に戻ったような
そんな無邪気さと

君の中の変態性をかき回す
恥ずかしい遊び

車の中で君を着替えさせる
白くて生地がとても薄いシャツ
さっき100円均一で買ったばかりのピンクのショーツ
乳首がハッキリわかる、普通じゃない服装

ビーチサンダルと、半分透けているレインコート

そして、赤い首輪

雨の中をその格好で歩かせる

2人で並んで歩いたり
君だけを歩かせたりもする

大きな国道沿いの歩道
車は流れが速く、君を深く気に留める人はいない
でも、こんな雨の中なにやってるんだろう?
くらいには注目される

そんな中、君は透けたレインコートで
首輪と半裸で歩かされる…

ほんの数百メートルのずぶ濡れ散歩

楽しいなら、君が恥ずかしがるなら
1kmくらいは歩いてもいい

隣でささやく

「ど変態だよね、やっぱり君は」

そんな雨の日の遊び

あたたかい雨の日だけにできる

いやらしくて恥ずかしい遊び

ずぶ濡れが楽しい

rain01.jpg

ずぶ濡れな君が可愛い