FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

触れる

 
 
ゆっくりと、ベッドに座る君に近付く。

君はほんのりと赤い太ももを、
スカートから覗かせて、
俺を見上げる。

君の方が、落ち着いているのかもしれない。
そんな風にふと思う。

俺にとって2人目のペットになった君は、
最初から特殊な関係だったから、
普通に触れることが自然じゃない。

彼女に当たり前のように触れるのと、
それはまったく違う緊張感があった。

そしてきっとその緊張感は、君も感じている。

ゆっくりと近付いて、君を立たせる。
その手を取る瞬間ですら、普通じゃない。

「全部脱いでしまおうか」
「…はい」

やわらかな乱暴を与えるために触れる手。
性欲をさらけ出して身体を差し出す君。

touch 2

君の全身を、手のひらで静かに撫でまわす。
君は、その手と俺の目を交互に見る。
犯されている自分を確認するように…。

どこをどれだけ触っても、
どこをどんな風にいじっても、
かすかに残る緊張感。

恋人や夫婦と違う、肌の感触。
普通じゃない性の感触。

だから、何度も何度も、
俺をなすりつけてしまいたくなるのかもしれない。
その身体に染み込むように、
汗も、精液も、唾液も、君にすり込むように。

「もっと、何度も、犯されたい」
「ご主人様の精液、もっと飲みたい」

言わされているのに、
なんだか君は嬉しそうだ。

髪をゆっくりつかんで、
その口にペニスを押し入れる。

君はくぐもった声を出すけれど、
その舌でペニスの隅々に触れようとする。

「ずっと舐めてたいって思うんです」
「誰のなにを?」
「…ご主人様の、ちんぽ、です」
「そうなんだ?」
「彼氏のしゃぶるのは、なんか苦手なのに」

そう言っていた君を思い出す。
君の歪んだ笑顔を思い出す。

君の口からペニスを抜き、聞く。
「どこに入れて欲しいの?」

君が最後まで答えを言う前に、
その奥まで、深く挿し込んでしまう。
君の奥深くまで、性器で触れていく。

touch 1

いつまで経っても、慣れないけれど、

いつまで経っても、慣れないから、

また君に触れたくなる。

君がずっと忘れられないような触れ方で。

もっとたくさん…。

 
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

Question & Answer

tied h

時々いただくM女子さん達からの質問

よくある質問にいくつか答えてしまいましょう

Q1 福岡県在住じゃないとダメですか?
A1 そんな事ありません。月に1回程度会えるなら、
  どこに住んでいる方でも大歓迎です。
  あんまりご近所じゃない方がメリハリつくかも? 
  と思ったりもしますね。

Q2 すごい重たい関係がいいんですか?
A2 いえいえ、特殊な性癖のセフレみたいなもんです。 
  ただ、不特定とか多数の相手と関係がある方は
  ちょっと無理かも。
  ちなみに「去る者追わず」ですよ、寂しいけど。(苦笑)

Q3 18歳未満はダメですか?
A3 18歳未満の方は雑談程度までです。
  逆に言えば、お話程度なら大歓迎ですよ~。

Q4 初心者でも大丈夫?
A4 全然大丈夫です。 ゆっくりちょっとずつ、
  ちゃんと話し合いながら、
  変態的性行為を楽しめたらいいと思います。

Q5 処女はダメですか?
A5 ダメじゃないけど、オススメはしません。
  最初ってきっと大事なんじゃないかなぁ、と思うので、
  ちゃんとしたお相手とした方がいいと思いますよ、うん。

Q6 ブログにあること、全部できなきゃダメですか?
A6 いやいや、そんなことありません。
  少しずつゆっくりと色々楽しめたらいいな、
  とは思ってますが、
  全部できなきゃダメだって話じゃありません。
  まぁ、関係が深くなれば、
  自然と変態行為も深くなっていくとは思いますけどね。
  パートナーになった方の性癖や気持ち次第でもあるし、
  ちゃんと話し合いながら、ですね。

Q7 貸し出し行為とか複数とかしますか?
A7 貸し出し行為も複数もあまり好きじゃないので、
  しないと思います。
  その昔記事にしたような
  「M女子同士でレズプレイをさせる」
  というような願望はありますけどね。
  輪姦や乱交がいいなって方は
  俺とは合わないと思います…。

Q8 ブログに写真が出されたりしますか?
A8 パートナーさんの許可なく他者に画像は見せません。
  現在のブログの画像は
  全部インターネット上で拾ったものばかりです。
  性癖によって、ブログで晒されたい、
  いやらしい報告がしたい、という人なら、
  ブログをそういう風に活用するかもしれませんが、
  基本的に撮影したオリジナル写真を
  ネット上で公開するつもりはありません。

Q9 怖い感じの人ですか?
A9 すごい普通のおじちゃんです。怖くありません。(笑)
  主従の時間でも、調教中でも、
  強い命令口調になる事はほとんど無いです。
  脅して従わせたいわけじゃないですからね。

Q10 どうして微乳がいいの? 巨乳は嫌い?
A10 巨乳がキライって事じゃありません。
   小さな胸の方が、身体全体のバランスがよくて
   綺麗だと思うので、ちっぱいの方が好きです。
   (A~Cくらいかな?)
   でも、この子いいな、と思った子の胸なら、
   どんな胸でも好きになれます。


と、質問に答えてみました。
みなさんやっぱり「不安」なんですよね、当然だと思います。
だから、普通の雑談から深い話まで色々と話を重ねていって、
「あ、大丈夫かも」 と思えたらその先に、という感じでいいと思っています。

「不安」なのは、実は俺も同じなんですから。
どんな方が現れるのか、やっぱり不安なものです。
家族に迷惑をかける訳にはいかないし、
ちゃんと時間をかけて、パートナーになりたいと思っています。

主従の時間が欲しいM女子さん、
ペットになりたいM女子さん、
俺と話してみませんか? (^ー^)


osuwari.jpg

 

首輪でつなぐ時間

 
 
「わたしで楽しんでください」

「わたしの身体で、遊んで下さい」

「もっと、もっと」

「言われた通りにします」

「恥ずかしい、恥ずかしい」

「ごめんなさい」

「ちんぽ大好きです」

「もっと私を犯してください」

そんな言葉を吐き出して、
俺の唾液や精液を飲み込むその口は、
普段は絶対にそんな事を言わないし、しない。

俺に首輪を与えられて、
君はそれができるようになった。

閉めきられたラブホの窓を開け、
通りを動く人の気配を感じる。

その窓に君は手をついて、
後ろから性器をいじられている。

高さがあるから、君の顔までは見えないはずだ。
だけど、窓から顔を出して犯されてる変態女がいるって事は、
そこを通りがかった誰かにはわかるのかもしれない。

ほんの短時間の行為だけど、
君は息を大きく吐き出して、腰をふるわせる。

window.jpg

「君は変態だよ」

「君は普通じゃない女の子だね」

「こんな恥ずかしいマネ、普通の子は一生しないよね」

「君の身体で遊んであげるよ」

「俺の性欲処理に、君を使うよ」

そんな言葉を聞いて、目をトロンとさせたり、
そんな風にいじめられているのに、頬を紅く染めたり、
君は本当に恥ずかしい変態女子だ。

俺といる時間だけは、そんな自分でいられる。

俺と過ごしている時だけは、恥ずかしい変態になれる。

充電するように、互いの中に主従の時間を染み込ませて、
洗濯するように、日常のうんざりを互いの唾液で流し合う。

普通じゃない事が普通な、ふたりの時間。

tejoho.jpg

分け合う時間を、ふたりは鎖でつなぐ。

首輪でつなぐ。

 

寝息

 
 
ゆったりな時も激しい時も、
互いの身体を舐め合って、
性器をつなぎ合って、
そんな時間が過ぎたら、

kijou.png

床でもベッドでもソファーでもいいから
ごろりと寝転んで、眠ってしまいたい。

それが朝までじゃなくてもいい。

小休止のお昼寝でもかまわない。

シャワーでも浴びて、さっぱりしたら、
2人でごろりと寝転んで、眠ってしまいたい。

すやすやと、ふがふがと、
君はどんな寝息でもいい。
その寝息を聞きながら、俺も眠りに落ちてしまいたい。

その瞬間の倖福感が欲しくて、
君との淫靡な時間を過ごしているのかも。
そんな風にすら思ってしまう一瞬。

sleep.jpg


目が覚めたら、2人で何を飲もうかな…。

 

スナップチャット? Snapchat

 
Yahooで紹介されてたコミュニケーションアプリ
「Snapchat」
なんとなく導入してみました。

画像が保存できない
チャットの履歴が残らない
という怪しい意味で使えるアプリなのかも。(笑)

誰かといつか、
Snapchatを使ってやり取りする事もある?
かな?

誰かしゃべってみます?
ID知りたい人いたらご連絡下さいませ。
(笑)

今のうちに…

  
 
君がただ苦しそうにしているだけだったら、
君が苦痛に顔を歪めてばかりだったら、
君が不快感ばかりを露わにしていたら、
きっと俺はひどい事ばかりできはしない。

君が歪んだ表情でいても、
目の奥で悦んでいるのがわかるから、
君の性器がヌルヌルになっていくのがわかるから、
俺は君をオモチャのように扱うだけだ。

shibari05.jpg


「え?、ここで脱ぐの?」
「そうだよ」

普通は裸になったりしないような場所で、
君を裸にしたり、下着を外させたり。

「ほんとに?」
「ほんとに」

普通の人がしないようなシチュエーションで、
例えば、公園のトイレの中とかで、
オナニーやフェラチオさせても、
君が動揺しながらもドキドキして、
またその性器の奥から淫乱な汁をにじませるから、
俺はそれが楽しいから、そうしてるだけなんだ。

rosyutu.png


「恋」とか「愛」とかに心は揺れるけれど、
それって「性」に揺れてるのも一緒だと思う。
もちろん、それがすべてではなくて、
形や深さは様々であって、
本当に清らかなものから、
性愛に溺れる事もあるものだと思う。

どちらにも「単純な悪」は無い。

「心を満たしたい」
という気持ちは誰にでもあるものだし、
それは直感的で野性的で純粋な衝動だ。

より満たされていない誰かと比べるものでもないから、
そんなのは贅沢だとか、そんなのは欲張りだとか、
そういうことでもない。

倖福感を得て生きる時間を多くする。
その為に行動することは、前向きで建設的なことだ。

「他者に多大な迷惑をかける」
という要素が大きければ、それは「悪」と言えるのかもしれない。
だから、できるだけ他者を巻き込まないのはルールかもしれない。
でも、そんなルールやモラルをクリアできているなら、
倖福になろうと前に進む事はむしろ好い事なんじゃないだろうか。

変態なこと…、
恥ずかしいペット…、
いやらしい中年と…、
色んな場所で…、
色んな服装で…、

どんな欲望も、願望も、
誰かを深く傷つけないのなら、叶えてもいいと思うのだ。

pet girl

叶えられるうちに、
間に合わなくなる前に…。

望みがうやむやになってしまう前に…。

 

映るのは

 
 
「鏡の前に行こう」
「はい」

「鏡の自分のこと、見てるんだよ」
「はい」

「今、どこを触られてる?」
「むね、です」

「じゃ、つぶすよ?」
「はい・・・」

「もみくちゃにされてるね」
「…はい」

「ちゃんと鏡の自分を見て」
「…はい」

「これはなに?」
「ちくび、です」

「固くなってるのはなんで?」
「・・・」

「これは今まで、何人の男が舐め回したの?」
「…3人、です」

「こんな風に強くつぶしてくれた人はいる?」
「っん、い、たい・・、居ません…」

「嫌なの?」
「い、気持ちいい、です」

「もっとつぶして欲しい?」
「はい、は、い・・。」

「そこに手をついて」
「…はい」

「足をもうちょっと開くんだよ」
「はい」

「自分の顔、ちゃんと見ててね」
「はい」

「もうヌルヌルだし、ほら、拡げるよ?」
「あ、はぃ・・・」

「くちゅくちゅ音がするぐらいだね」
「…はい」

「入れたくなったから、入れるよ」
「はい、お願いします…」


fuck-mirror.jpg

「汚い中年のちんぽ、入ってるよ?」
「はい…」

「ほら、今のこの感触、一生憶えててね」
「はい」

「彼氏や旦那とは、きっとこんなセックスしないもんね?」
「…はい、しないと、思います」

「鏡に映ってるのが、本性の君だよね?」
「…はい」

「人前じゃ普通の女の子みたいなフリしてるけど」
「・・・」

「乳首つぶそうね」
「っうあ」

「乳首引っ張られて、犯される気分は?」
「…ぅあ…」

「ちゃんと鏡見て、変態顔の自分をね」
「…はぃ」

「ほら、忘れないんだよ、今の自分の顔」
「・・・は、いぃ」

「しばらく、普通に鏡見る度に思い出してね」
「…はぃ」

「俺の事、俺に犯された事、オモチャにされたこと、ペットだったこと」
「はい」

「忘れないでね」
「…はい」


「忘れないでね」


 
--------------------------------------------------------------

 ↓ ランキングアップにご協力お願いします ↓

SMFOCUS. . アダルトブログランキングへ. 
 
 

へんたい

 
 
目隠しをされたまま丁寧に犯された君は、
特別なことなんかしていないような空気をまとい、
ベッドの左側で身体をくの字にして目を閉じる。

その指先は首にはめられたままの首輪に触れ、
少しシュールな穏やかさだ。

シャワーを浴びてさっぱりした俺は、
落ち着いてしまったペニスを軽くなで、君に近付く。

単純な性欲じゃない気持ちが、
もっと君をオモチャにしたがっている。

ベッドの脇の紙袋からロープを取り出し、
ぼんやりしている君を縛ろうとして止める。

「縛るの面倒だな」
「…え?」

つぶやきに反応して、君がゆっくり目を向ける。

「自分で足を抱えて、拡げて」
「…あ、はぃ」

仰向けで自分の足を拡げ、性器丸出しで君は天井を見る。

「なんとなく憶えてる昔の友達は?」
「え?」
「いつの友達でもいいから、憶えてる子いる?」
「え、と…」

唐突な質問に君は戸惑う。

「---さんかな…」
「じゃぁ、その人を思い浮かべて」
「あ、はい…」
「「わたしのおまんこはオモチャなのよ」って、
 その人に話しかけるように、ちゃんと声に出してごらん」
「…はい」
「準備するから、繰り返し言っててね」

君はそんな命令をされただけで、
何となく目の色が変わっていく。
下らない指示に、小声で従う君は、
とてもみじめだけど、とても可愛い。

君の性器に入れるための道具を洗いながら、
何だか少し笑顔になる。

ベッドに戻ると、君は性器をヌルヌルにして、
すっかり黙ってしまっていた。

「さ、遊ぼ」

独り言らしく、わざとらしくつぶやいて、
君の性器を指で広げる。

純粋に、君の性器で遊ぶ。

ディルドやバイブやローター、
そんな道具だけじゃなく、
入れたら楽しそうな色んなものを君に入れる。

少し太いかな、と思うようなモノを、
君の性器はゆっくり飲み込んでいく。

君はオモチャにされるまま、
快感の声を上げたり、息を荒くしたりする。

「ねぇ、別に、気持ちよくないよね?」
急にそんな風に聞かれて、
君は一瞬、冷静な自分に戻る。

「…え?」
「こんな太いの、痛いだけじゃない?」
「痛くは、ないけど…」
「そんな快感もないやろ?」
「うん、でも…」

冷静な会話が始まった事に構わず
振動するオモチャをクリトリスに押し付ける。

「…っん」
「でも、なに?」
「な、なんか、入れられて、わたしはおもちゃだって思うと・・・」
「うん」
「使ってもらえてるのが、うれしい、です」
「それだけ?」

ゆっくり君に入っているオモチャを抜くと、
君の性器はまだぽっかりの穴を見せる。

toys fuck


クリトリスにもっと刺激を与える。

「ぅあっ…」
「うれしいだけ?」
「いえ、す、すごい、きもちいい」
「そうなんだ? 心の奥から、君は変態だね」
「…は、はぃ…」

閉じてしまった君の性器に次のオモチャを入れながら
笑顔で君に聞く。

「もっと遊んでいい?」
「…はい、もっと、してください」

また少しずつ、俺のペニスが固くなってくる…。