FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

普通

 
 
君は密かな欲望を隠し持ち、
俺と普通に付き合っていた。

テーブルの下でショーツを脱いだあの日、
君の密かな欲望は、
密かなものではなくなり、
叶えるものに変わっていったのかもしれない。

「何でもするから…」
それは君が別れを回避するために口に出した言葉だけれど、
本当は昔から、
誰かにそう言う日を君は待ち望んでいたのだろう。

そして少しずつ、君との性行為は「普通」じゃなくなった。

ただの少し深いキスは、唾液を何度も受け渡すようなキスになり、
時には、ただ唾液を飲ませるためだけに落とす事も当たり前になった。
俺も、君の唾液の塊を、何度も飲み干した。

普通じゃない。
だけど、唾液を与え合うようなキスは、
興奮と同時に、深い愛情も強く感じる行為だった。

そして、そんなキスが「普通」になった。


手足を縛り、自由を奪って、犯すような事も始めた。
それはまるで、レイプのように、
抵抗できない君の性器に、指やペニスを突っ込み、
君を汚すように、凌辱するように…。
「普通」に性器をつなぐような雰囲気は遠ざかった。

普通じゃなかった。
だけど君は、自由を奪われたまま、
俺のペニスを受け入れる事を喜んでいた。
君のオマンコにペニスの先端を付けると、
君はとても嬉しそうに、
そして切ない表情で、奥まで挿しこまれる事を望んでいた。

そんな君がとても可愛かった。

「チンポを奥まで突っ込んで下さい」

そんな言葉を言わせながら、
ペニスを君の中に深く沈めると、
とても満たされた気持ちになった。

そんな挿入が「普通」になっていった。

首輪も、
屈辱的なことも、
リードを引かれることも、
羞恥心を与えることも、
軽い痛みも、
露出行為やオナニー調教も、
パイパンにすることも、
奉仕させたりすることも、
自由を奪う事も、
躾やお仕置きも、
そしてご褒美も、

「普通じゃないこと」ばかりになったのかもしれないけれど、
俺と君には「普通」のことだった。
そして、間違いなくそれが、
俺達の愛情を深くして、つながりを深くしてたと思う。

理解できない人には、絶対に分からない。
特別な「普通」。

特別なつながり。

特別な時間。

hand-during-sex.jpg


俺が探してるのは、
俺が心から求めるのは、
そんな、特別な君なんだと思う。

だから君に、俺は手を伸ばす。


 
スポンサーサイト
[PR]

歪んだ欲望 「深く」

 
 
 
君の中に俺を刻み込む

君の中に俺の欲望をなすりつける

もう取れないくらいに

深く

奥深く

やさしく

甘く

歪んだ性欲で固まったペニスを

君の大切な部分に挿しこんでいく

正面に君を抱きながら

奥まで

根元まで突き刺したら

君と目を合わせ

君の身の上話を聞こう

君の過去にまで俺の欲望をすりこむように

時々やさしく舌を絡めながら

君の目を見て

Sitting.jpg

同じ話を何度も聞いたっていい

同じようなキスを何度も繰り返す

君の性器を俺の性器で満たして

君のちいさな乳房にもキスをしよう

君の未来にも

俺の歪みが残るように

俺と君は

誰よりも性器でつながっている

唾液を分け合いながら

歪んだ快楽を分け合う

歪んだ愛情を与え合う

何度も

君と性器をつなげたい

何度も

君に唾液を与えたい

深く深く奥まで俺を刻み込んでしまいたい


 

心を縛る

 

 
本格的にぎしぎしと締まるような、
毛羽立ってチクチクするような、
そんな麻縄は必要ないと思ってる。

少しゆるくてもいい。
だから柔らかな綿の縄やロープでもいい。

鏡の前に君を立たせて、ゆっくりと縄をかける。

君は緊張しているのか、ほとんど話さない。
俺も、沈黙を気にせず、ゆっくりとした動作で、
君の身体を少しずつ戒める。

素早く、美しく、などとは無縁なのんびりさで、
後手に君を縛り、胸の上下に縄をかける。

「痛くないよね?」
手首や腕にかかった縄の余裕を確かめながら、君に尋ねる。
でも、君は声は出さず、こっくりと頷く。

そしてまたゆっくりと、君の身体に縄をかける。
しゅるしゅると、やわらかく縄が音を立てる。

縄をかけながら、君の耳たぶに口を寄せ、囁く。
「手が使えないし、抵抗できないね」
そして、軽く耳たぶを噛む。

「あ…」
かすかに声を漏らして、君はほんの少し身体をふるわせる。
首筋から背中にかけて、軽く鳥肌が立っている。
綺麗な肌に、俺は少し動揺する。

「次はどこをしばっちゃおうか、ねぇ」
つぶやきながら、君の内腿を指先でそっと触れる。
一瞬だけ、膝近くから性器に向かってラインをひくように、
すっと指先を走らせる。

びくん、と君の身体がふるえる。

tied2.jpg

君の自由を奪う。

縄で君を拘束し、身体の自由を奪う。
やさしく、厳しく、命令して君を従わせる。
踏みつけ、舐めまわし、
叩いたり、撫でまわしたり、
噛みついたりして、君から色々な気持ちを奪う。

君はイヤラシイ声を上げ、仔犬のように鳴く。

縛られて身動きできない君の身体から、
ショーツをはぎとって、性器を広げて眺める。

女性にとって、みじめで屈辱的な光景。

ゆっくりと、ペニスをそこに沈めていく。
奥深く、根元まで、目を合わせながら…。

君がうめき声をもらす。
そして、君の性器もぬちゅ…と音をもらす。

少しもきつくない縄に縛られて、抵抗しない君。
性器がつながったままで、君を眺める。

俺の事をどんどん忘れられなくなっていく。
それはきっと、身体を縛るよりも酷い事なんだろう、と思う。

そして、1人の部屋が寂しくなるのかもしれない。
俺が隣で眠れない事を、悲しく感じるのかもしれない。
でもそうやって、君の中に俺を刻み込みたい。
俺が縛りたいのは、身体よりも心の方だから。

そしてそれは、きっととても酷いことだ。

君の心を歪んだ欲望で縛りつけてしまいたい。



 

奴隷…?

 
 
SM的主従関係では、M側の事を奴隷と呼ぶことが多い。
M女子だろうが、M男だろうが、性奴隷と呼ばれたりする。

「この性奴隷が…」
とか、
「お前は性欲処理のための奴隷だよ?」
とか…。

本来の意味の「性奴隷」は
上位の存在に完全に支配され、抵抗する術を奪われ、
その意思に関わらず、支配者の性的欲求に応えさせられる。
奴隷はそこに快楽的な要素はまったく無く、
継続的に性行為を強制され、人権も無視され蹂躙される存在。

しかし、SM的な主従関係での性奴隷は、
少し意味合いが違い、重みも違う。

SM的な主従関係での性奴隷は、
あくまでも基本的に両者の合意がある関係上の話であり、
M側も奴隷的な扱いを受ける事で性的快楽を受け取る。
軽く言えばごっこ遊びの延長とも言える。

だけど、やはり「性奴隷」という響きは、
そこに好意や愛情を感じない。

だから、俺はパートナーに向かって
「お前は俺の性奴隷だ」
「性奴隷のくせに」
なんて声をかけない。

「まるで性奴隷みたいだな」
とか
「性奴隷と変わらないよね?」
なんて言い回しはするかもしれない。
だけどパートナーを性奴隷にするつもりはない。

俺にとってパートナーは、ペットだ。
あくまでも、可愛がる対象。
可愛がる手段が性的なイジメだったり、凌辱だったり、
羞恥を与える事だったり、屈辱的な扱いをすることだったり、
躾をすることだったりするだけだ。

愛玩動物。
愛情を持って性のオモチャにする、パートナー。

kubiwa09.jpg

飼い犬をなでるように、
飼い猫を眺めるように、
いやらしく、イヤラシク可愛がる。

首輪を着けて、ご褒美に俺の唾液を与える。

君は性奴隷のような、俺の可愛いペット…。


 

歪んだ欲望 髪をつかんで

 
 
君は整った顔を歪めて、俺を見上げる。
中高生の頃から、何度か告白された経験もあるらしい、
間違いなく、平均を超えた綺麗な顔。

でも、そんな君を床に座らせて、
俺はいやらしく身体中をいじり回す。

「どうせ汚すなら、若くて綺麗な子を汚したいからね」

微笑みながら君の髪をつかみ、
その頬にペニスをこすりつける。

「こんなおじさんに好きなようにいじられて、みじめじゃないの?」

「君を好きだった男の子達は、
  今の君を見ても、好きなままかなぁ?」

君は俺の目を見つめたままで、早い呼吸を繰り返す。
乳首を指でつまみ上げると、淫靡な声を出す。
「ぅぁあっ、あっ、ぅう…」

「気持ちいいんだね?」
君はコクコクとうなずき、口を半開きにしている。

口の周りをペニスでなぞり、また屈辱的な声をかける

「普通の女の子は一生しないような事だよね? こんなセックス」
「…ハァ、ハァッ…」
「自分が恥ずかしい女だって忘れちゃダメだよ?」

君は返事を返さず、俺の目を見返す。

ゆっくりと君の小さな乳房に手を伸ばし、
あえてやさしく、ていねいな手つきで胸をもむ。

「恥ずかしいことだよ? 忘れちゃダメだ」
「…ぅ、はい…」

君の髪をつかみ、口の中にペニスを沈める。

「汚い中年のチンポが入ってるよ?」
「…ぅ、ぐ…」

君は命じられるまま、ペニスをしゃぶる。

「こんなに可愛いのに、中身は変態だもんな」

ひどい言葉を投げられて、でも君は下半身をよじる。
レイプじゃないけれど、君は犯されている。
同意の上で、犯されるなんて、本当にイヤラシイ。
本当に恥ずかしい女の子だ。

君の口の中に流し込むように射精し、
君はまた俺に汚されていく。

「飲まずに、そのまま口に入れてるんだよ」

fera.jpg

君のトロンとした目が、俺を見返す。
とても可愛らしい顔が、汚れている…。

 

 

その身体に残る

 

 
「今日は丸1日、イヤラシイ日にしよう」
そんな日を作りたい。

君と過ごす、ゆったりだけど、性液でどろどろの1日。

やさしく、穏やかだけれども、
君にとっては支配され続ける1日。
俺にとっては使い続ける1日。

午前中のうちに待ち合わせ、
散歩したり、買い物に行く。
ホームセンターや大型スーパーで、
君をオモチャにできそうなモノが無いか、探して歩く。

「この細いゴムひもで叩いたら、ほどよい痛みかもね」
「このクリップ、色々と使えそうじゃない?」

そんな会話をしながら、君と歩く。
本当に君に使ってみたいモノがあれば、買う。

そうやって、君はすぐに精神的に犯される。

昼食を取りに店に入る。
店内で食事をしながらでも、君をオモチャにする事はできる。

首輪代わりのチョーカーやネックレスを着けさせ、
トイレで下着を脱ぐように命じてもいいし、
店員やお客さんの目を盗んで、
俺の指をしゃぶらせてもいい。

そうやって、1日をイヤラシク過ごす。

ホテルに入ったら、君に首輪とリードを着けさせる。

kubiwa07.jpg


君は、ただ俺に服従し、奉仕するための性の玩具になる。
言いなりで、どんな変態なことでも受け入れる、可愛いペットになる。

でも、ゆっくりと過ごす。

俺はだらだらとベッドに寝転んで、本を読む。
君はその隣で、ただ俺にくっついている。
「クリトリスをなんとなくでいいからいじってなさい」
そう声をかける。

そのうち気まぐれに、君のリードを取り、
ソファーに簡単に縛りつけてもいい。
そしてオナニーしてなさいって命じて、
また少しの間、放置してもいい。

本に飽きたら、ノートパソコンを開き、ネットで遊ぶ。
君の拘束を解き、足元に座らせる。
「俺を舐めてるんだよ」
そう命じて、俺がメールチェックしたり、SNSを覗いてる間、
君は俺の下半身に舌を這わせ続ける。
もちろんその間も、ずっとオナニーさせる。

そして、君を抱く。

普通にただのセックスをしてもいい。

拘束して、性玩具のように犯してもいい。

色んな恥ずかしい事を言わせてもいい。

逆に声を出すことを禁じても楽しいかもしれない。

とにかく、君を抱く。
イヤラシク、楽しく、抱く。

その間中も、俺が触れてない時は、
自分でクリトリスをいじるように命じておく。

君は俺に使われながら、
クリトリスだけはずっと休めない。

そんな風に、1日をイヤラシク過ごす。

一度抱いたら、またゆっくりな時間を取る。

風呂に浸かってもいい。
君に身体を洗わせようか…。

そうして、別の服装に着替えさせて、
眺めて楽しんでもいいかもしれない。

君のいつかの制服だったり、
貸し出されるコスチュームでもいい。
そしてショーツ越しにでも、クリトリスだけはずっとイジリ続ける。
俺がいじってやってもいい。

また君を抱きたくなったら、
そのまま犯してもいい。
突然、奥深くまで性器をつないでもいい。

足元に呼び寄せて、ただしゃぶらせてもいい。
俺にやさしく触れるように、命じてもいい。

kubiwa08.jpg


それからまた、落ち着いたら、
並んで寝転んで、ずっとキスをしてもいい。

そのままで、君はまた俺に命じられる。
「クリトリスを触っててごらん」

首輪の金具が音を立てる。

君のクリトリスは休めない。

そういう風にいじめる。
そういう風に、君の1日をイヤラシク支配する。

「じゃぁ、またね」
と声をかける時まで、何度も舐め合って、
クリトリスをいじり続ける。

きっと最後には、シャワーの水がしみるようになるのかもしれない。

そうやって、君の身体に、しるしを残す。

飲み込ませた精液や唾液だけじゃなく、
ひりひりとした感覚を、君の性の器官に刻み込む。
君の心に、染み込ませる。

君は俺の性玩具だよ。

君は俺のペットだよ。

君のクリトリスが痛くなくなる日まで、
君の身体の「変態ペットのしるし」が消えるまで、
俺の存在がそこにあって、君にささやく。

「また、しようね」 と。


そんな時間を繰り返して、君はもっと変態な子になっていく…。

そんな「しるし」を何度も君に残したい。


 

--------------------------------------------------------------

 ↓ クリックして、ランキングアップにご協力下さい。 ↓

SMFOCUS. . アダルトブログランキングへ.