FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

普通じゃないこと

 
 
シャワーも浴びさせずに、君を裸にする。
手近なシャツで、ぞんざいに君の手を後ろ手に縛り、
ベッドの前に立たせる。

「すぐ全裸になって」
「…はい」

たったこれだけしか言葉をかわしていない。
首輪を着けさせて、立たせる。
簡単に縛られているだけなのに、
君はがっくりとうなだれたように視線を床に落とす。

「顔を上げて」
そう声をかけ、君に近付く。
「唾液欲しいよね?」

君は返事もせず、ただ口を開ける。
いつもなら、その中に唾のかたまりを落とすけれど、
今日はその下唇を優しく口に含んだ。

まるで、恋人にするような、やわらかなキス。

君の動揺が伝わり、俺も動揺する。
唇を離しながら、普通の関係じゃない事を意識する。
俺が普通の愛情表現をする相手は、君じゃない。

君と目が合う。
今度は、君の口の中に、唾液を流し込むようにした。
何故、こんな普通じゃない関係になってしまったのだろう…。

君と目が合う。

遠くを見るような、ぼやけた感じの目が揺れる。

そっと視線を外し、目に入った乳房をとっさにつかむ。
動揺をぶつけるように、乱暴につかむ。
乳首をつぶすと、君が軽く声をあげ、
その声がいつもの淫靡な空気を引きもどした。

君をベッドにうつ伏せに倒し、目に入った尻を叩く。
乾いた音と、君のうめき。
君のうめきは、湿った声をはらむ。

うつ伏せのまま足を開かせると、君の性器は軽く濡れていて、
指で広げると、性液が糸をひく。

しばっていたシャツをほどき、四つん這いにさせる。
服を脱ぎ、ペニスを取り出し、ゴムを着け、君に深く挿し入れる。

「小学校の時、好きだった子は、誰?」
つながった状態で、そんな質問を投げる。

「…え?」
「答えてごらん」
「…―――くん」
「―――くんが今の君を見たら、どう思うんだろうね?」
「…」

屈辱的な声が静かに響く。

「俺が出すまで 「―――くんが見てる」 って言い続けてなさい」

そう声をかけ、腰を振る。
ゆっくりゆっくり、君の性器を犯す。
「―――くんは、普通のセックスをしてるのかなぁ」
「それとも、俺達みたいな事、してると思う?」

君は答えずに、小声で子どもの頃に好だった人の名を繰り返す。

back.jpg


「声、小さいよ」
尻を少し強く叩く。
君がうめき、声を少し高くする。

「ほんと、変態だ…」

どうして普通じゃだめなんだろう。
普通ってどんなものなんだろう。

どうして君は、こんな屈辱的な犯され方をよろこぶんだろう。

後ろから君を抱きしめるように身体を密着させ、
君の中で俺はどくどくと射精した。


 
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

誠実さの種類

 
 
ズレていて、歪んでいること。
自分がそういう最低な人だと分かっている。

そもそも、俺のやろうとしていることは既婚者の浮気でしかなく。
それは一般的に許される事でもない。

そういう事が前提での誠実さって?

ひとつは「隠さないこと」だと思う。

例えば、家族が最優先だということや、そもそも既婚者だということ。
結婚といった形での最終的な責任は取れないと表明すること。

例えば、パートナー募集中の今であれば、
やり取りをしているお相手が1人ではない、というようなことも。

夫婦や恋人との間にある礼儀や遠慮と、少し違う。
普通は隠したくなるような部分を隠さず、共有すること。

他の誰にも言えないような願望や欲望を、話せる相手でいること。


ふたつめは「明確であること」だと思う。

やり取りを重ねて、お相手を知る。
話が進めば会ってみる事だってあるだろう。
そしてパートナーになれそうなのかどうなのか、考える。
場合によっては迷ってしまう事だってあると思う。

実際、この数か月の間にも迷ってしまう事はあった。

会うまでは、たっぷり時間をかけていいと思う。
でも、一度会ってからは、
ずるずると時間をかけずに答えを出す事は大事だと思う。

その答えが「もう一度会ってから決めたい」とかでもいい。
お相手さんを宙ぶらりんにしない事が大事だと思う。
反省も込めて、そう考える。


パートナーが出来てからも、それは変わらない。
状況の変化も、気持ちの変化も、
変に隠すのはマイナスにしかならない。
「ずっと一緒」の関係にはなれない以上は、
答えを明確にして、潔く行動し、受け入れること。

それが誠実さだと思う。

それは本当の誠実さじゃないと分かっている。
不倫に誠実もなにもあったもんじゃないよ、という話。

でも、隠さずに明確に、嘘をつかない。
そんな誠実さは持ってなきゃダメだと思う。

hand2.jpg

関係性

 
 
俺が別れ話を切り出した頃の2人は、
間違いなくギクシャクしていた。

互いのちょっとしたミスや、勘違いに対しても寛容になれず、
相手の為によかれと思った行為が裏目に出たり、
他の異性が気になったりもしていた。

でも、互いに愛情が無くなっていたわけじゃなかった。
好きなのに、上手くいかないもどかしさ、
セックスだってしたい相手なのに、何となく楽しめない。
愛情はちゃんとあるのに、何故かそばにいるとイライラしてしまう。
そんな不安定な状態だった。

そして、君の一言で、その関係は変化するきっかけを得た。

「なんでもするから…」

その一言は、俺の中の変態性やS性を引き出すきっかけになったし、
君は、本当はそれを強く望んでいた事に気付いたのだろう。

互いのつながり、関係性は変化した。

hand.jpg

命じる俺、従う君
首輪を着けさせる側、着けられる側
犯す俺、犯される君

時には外や店内で、
時には車内やホテルで、

君の身体中をオモチャにして、遊んだ。
君は、俺との異常な性行為の事を、
きっとまだ憶えているんだろうと思う。

そういう風に、君に憶えて欲しかった。

形や関係性が変わっても、
俺はやっぱり君が好きだった、と思う。

そして、君も俺を好きでいてくれたから、
あんな歪んだ主従関係を作れたんだろうと思う。

その大きさはともかく、
愛情や恋心があってこそ、の関係。

強姦やレイプではないのだから。

結局俺は、俺の好きなように犯しているつもりで、
君の快楽を考えずにはいられなかったし、
君も、俺の快楽の為にオモチャでいてくれたのだろう。
そして、それを快楽として楽しんでくれていたのだと思う。

そうじゃなきゃ、
SM的な行為も、変態的な性行為も、
なんだか滑稽で白ける行為なんだと思う。

相手への愛情があるから、その中に入って楽しめる。
それがまるでごっこ遊びのような空気でも。
ちゃんと性の快楽を与え合える。

新たなパートナーさんとも、そんな関係を作りたい。
終着点が別れだと分かっていても、
そばにいる時間は、互いを想い合える関係性でありたい。

そして死ぬまで、ずっと憶えていたい。


 

ていねいに

 
 
君をそっとベッドに寝かせる

髪をなでながら、おでこにキスをする

肩や腕を、軽くマッサージするように触れ

まぶたにもキスをする

唇に息を軽く吹きかける

胸のふくらみの下に指をあて

ゆっくりとへそに向かってなぞる

君がかすかに声を漏らす

乳房を少し持ち上げるように

人差し指と親指だけで軽く触れる

やわらかく、やわらかく

君の胸をやさしく指でなぞる

そうしながら、君の耳を舐める

君の耳の形にそって

息がかからないように

そっと舌を這わせる

君が身をよじる

君の腰が動く

その太ももに手をあて

指先でほんの少しだけ触れるように

5本の指で肌の表面に触れる

耳たぶをやさしく噛む

君の声がまた聞こえる

君の首を指先でなぞりながら

へそのそばを舌で触れる

そのまま恥丘に向かって舌をすべらせる

君の足が動く

その間に膝を入れ

閉じられないようにする

腰から尻に指を動かして

反対の手では胸を包むように

乳首には触れないように、やさしくもむ

首筋に舌をつけ

舌先であごに向かってやさしく舐める

「イヤラシイ身体だね」

君は答えない

両方の乳房を手で包み

乳首に触れるか触れないかの距離で

指先を動かす

爪の先で乳首の先をやさしくひっかきながら

膝で君の足を少し大きく開く

唇を舌先でそっと舐める

ゆっくりと乳首を指先でつまむ

「固くなってるね」

君はかすかにうめく

左手で乳首だけをもみながら

君の性器を右手で確かめる

お尻の穴の付近には

君のイヤラシイ液体が

性器の形をなぞるように

指をゆっくりと進める

まだ隠れているクリトリスを

その上からそっとやさしく触れる

「おまんこ、すごくぬるぬるだよ?」

君が声を漏らす

少し大きく、くぐもった声を漏らす

甘く、やさしい、まるで恋人を抱くような

普通で、ていねいなセックス

普通じゃないのは

俺は40代の中年で

君はまだ若い女の子だということ

そして、君が口をふさがれている、ということ

ball gag

君のヨダレが、頬を伝ってシーツを濡らす



 
 

床で

 
 
シャワーを先に浴び、
パンツとシャツを身に付けて、
俺はソファーに座る。

君は入れ替わりでシャワールームに行き、
10分程度で出てくる。

「服は着ちゃダメだよ」
「…はい」
「俺の前では全裸、それが当たり前のことだよね?」
「…はい、そうです」

ソファーに並んで座ろうとした君の手をつかむ。
やさしく俺の目の前に連れていく。

「そこに座って、ご奉仕だよ」
「…あ、はい」

足を広げた間に君は跪き、俺の身体に触れる。

その君の髪を触りながら、首輪を取り出し、
首輪を着けさせる。

普通の女性なら、一生しないような事
男の足元に跪き、その舌や指で、男を愛撫する。

「対等の彼氏とか、旦那に、こんな事しないよね?
「…」
「別れなかったけど、これ、もう彼氏彼女とかじゃなくないか?」
「…」
「でも、こんなことされて、喜んでるんだよね?」

そう言いながら、君の左の乳首をぎゅっとつまむ。
そのまま俺に近付くように引っ張ると、

「…はい、うれしい、です」

と、しぼり出すように君が答える。

「しゃぶっていいよ」
「はい」

パンツからペニスを取り出した君は、
嬉しそうにそれを口に含む。
手を使う事は禁じられているから、
顔中が涎まみれになる。

時々、髪と頭をつかみ、のどの奥までペニスを突き刺す。
苦しそうにうめく、君。

「キスしにおいで」

そう声をかけると、
俺のふとももに手を置き、身体を伸ばしてくる。

舌を絡めると、君の呼吸が早い事に気付いて、
なんだか嬉しくなる。

キスをしながら、コンドームを着け、
君を床にそっと押し倒す。

数歩先にベッドがあるのに、
床で君を犯す。

floor.jpg

君の性器はクチュクチュと音をたて、
簡単に俺のペニスを飲み込む。
直接的な快楽と、
精神的な快楽が交じり、
君は声を上げる。

固い床の上で、交わる。
ただ欲望を吐き出すように、
君の性器で、オナニーするように。

なのに、君はそんな風に使われる事を喜ぶ。

そして君を、ぎゅっと抱きしめる。


 

 
 
お盆休み真っ只中、という人が多いんでしょうね~。

俺の勤務先にはお盆休みという制度そのものがありません。
多くの従業員が、有給休暇でお休みを取るという感じ。
そして俺はと言えば、休む予定がありません。
昨日も今日も明日も仕事です。

そもそもお盆休みをそう必要としないんですよね、
嫁さんも俺も実家がすぐそばだし、
手を合わせるべき仏壇もお墓も、
すぐ行ける距離なので…。

つまり、子ども達にとっては「夏休みに遊びに行く田舎」もない。

という事で、先日近くの海に遊びに行きました。
泳ぐぞっ、という感じではなくて、
波打ち際でちゃぷちゃぷ遊んで、貝殻拾って、という計画で。

でも結局は突入しちゃうんですよね、子どもは。
波に追われてころんころん転倒する7歳と5歳。
ギリギリまで、と進んで行って、結局下半身ずぶ濡れの11歳。
…まったく。(笑)

着替えも無し、タオルも不十分。
そんな状況でしたが、
色々工夫してなんとか家に連れ帰りました。(笑)


子どもらのはしゃぎ声が響く海を眺めて、
その遠く遠くの空を仰いで、
世界中の海につながってるんだなぁ、と思う。

子ども達はいつか、この海の向こうにも行くんだろうか。
俺が見た事の無い世界を、歩き回って、
俺が味わった事の無い気分を手に入れるのだろうか。

そんな日を、子ども達が笑顔で楽しめる時がくればいいな、と思う。

さぁ、今夜は夜勤だ、そろそろ寝よう。(笑)


--------------------------------------------
近況

質問メールをいただいたので、ここで回答

・メールなどでやり取りをしてる方はいますが、まだパートナーは確定していません。
・パートナーが確定しても、ブログは閉鎖しない予定です。
・パートナーが確定しても、その人の事をここで詳しく書く予定はありません。
 (露出願望が強く、晒されたい方がパートナーになったら晒すかもですが…。)

 

 

逃げられない

 
 
ホームセンターに立ち寄り、君と店内をうろつく

君をオモチャにできる何かを探して、うろつく

自転車用のゴムロープや
切り売りの色んな縄
切り売りの鎖
結束バンドやタイラップ

たぶん君も、同じことを考えている
そんなのを目にする度、手にする度に
君と目が合う

拘束されて、身動きできない自分を
きっと君は想像している

「抵抗できないようにされるの、好きだもんね?」
「…」

君は返事を返さないけれど、
目が揺れて、動揺しているのが分かる。

逃げられない、君
そのままで犯されて
唾液や精液で汚される君

A4サイズくらいのスタンドミラーと
綿のロープを15m買って
ホテルに向かう

今日は会話が少ない

ホテルに入ってすぐに
君にセーラー服を手渡す

首輪とセーラー服の倒錯した雰囲気
そして耳元でささやく

「変態だから、そんな恰好させられてるんだよね?」
「…」
「普通の格好じゃ魅力がないから、女子高生のマネさせられてるんじゃないの?」
「ち、ちが…」

少し怒ったような目で顔を上げる君
でも、その勢いを遮って言う

「縛って遊ぶから、そこに座って」
「…はい」

そして、君を縛る
ゆるやかな縛りだけど、君は動けない

M tied

開かれた股間と顔が映るように
君に向かってスタンドミラーを立てる

「舌を出して」
「…ん」

大きく突き出された舌を、上から舐める
唾液を落としたり、それを飲ませたり

そして、鏡の向こう側に俺は座る

うっすらと笑いを浮かべ、君を見る

「ただ縛られて、唾液飲まされただけなのに、イヤラシイ顔だね」
「…」
「唾液飲まされて、喜んでるの?」
「…」
「きっとまた精液も飲ませるよ?」
「…」
「嬉しいんやろ?」
「…はい」
「俺、お前がこんな変態だって最初に知ってたら」
「…」
「たぶん付き合ったりしなかったのに、ね」
「…ぅう」
「本物の変態だもん、お前」
「…」

小さなデジカメで1枚写真を撮る

そして君に近付き、縄の余った部分で君の太ももを軽く叩く
君が小さく声を上げる
君を見下ろして、俺は何度も縄で身体を叩く
ちっとも痛くないはずなのに、君は小さく声を上げ続ける

俺はゆっくりペニスを取り出し
その口に押し付ける
君は何も命じられてないのに
舌を出して舐め始める

「俺のチンポ好き?」
「…はい」
「じゃ、チンポ大好きって言ってごらん」
「…ち、んぽ、だ、いすき…」

身体を離し、また鏡の後ろに座る

「大きな声で繰り返し言ってごらん」

君は卑猥な言葉を何度も言わされる
身体にも性器にも触れられず
イジメられ続ける

ショーツ越しにでも、君の性器がヌルヌルなのがわかる

こんなに変態だったなんて
もっと早く知りたかった
もっと早く君を犯したかった

でも、もっと好きだった頃に知ったとしたら
俺はどう受け止めたんだろう…

そう思いながら、俺はゆっくり立ち上がる

「今日は、そのマンコに何入れようか?」



 

歪んだ欲望 野外で隠れて

 
 

パートナーができたら…

夏にはキャンプ場に出かけよう。
オートキャンプ場でもいいし、
純然たるキャンプ場でもいい。

散歩できるような遊歩道があれば、
薄い生地の服で、
下着を着けさせずに、
君を連れて歩きたい。

木陰にちゃんとしたテントを張って、
その中で君をオモチャにしてもいい。

全裸にしたり、
縛ったり、
目隠ししたり、
しゃぶらせたり、
オナニーさせたり。

そしてそのままセックスしてもいい。

近くから聞こえる、
どこかの子ども達のはしゃいだ声。
どこかの夫婦の談笑。
セミの声や、川の流れる音。

テントの薄い布だけに隠れて、
君と性器を深くつなぐ。
君の性器の奥まで、深く深く。

camp.jpg

声も出せずに、
ただドキドキして、
それだけでも楽しいのかもしれない。

君は緊張して、
感じることなんかないのかもしれない。

でも、バレないように、
静かに、隠れて、
君と裸で過ごす。

そして、そのまま、
テントで昼寝をしてもいい。

そんなゆったり時間も楽しめればいい。


 

キャンプ!

 
 
明日から子どもらを連れてキャンプ!
行先は大分県某所。

湖畔のキャンプサイトでバーベキューして、
テントか車で寝る予定。

我が家の車は後部座席をちょっと改造してて、
ちょっとした作業をするだけで、
それなりに形になったベッドになります。
家族5人で寝るにはちょっと苦しいサイズになってきましたけどね。
子ども達が成長しちゃったから。(笑)

お天気が微妙だし、車で寝る事になりそうですけどね。

ブルーシートとロープでタープも作る。
子どもらにも手伝ってもらって、バーベキューの準備。
炭を熾してジュージュー焼いて、喰って。
学校や保育所やサッカーの話を聴いて。

明日の夜はファイアベースも準備して、
焚き火タイムもとる予定。

焚き火もすごく楽しみ。
きっと子どもらも楽しんでくれるはず。
棒に刺してマシュマロ焼こう!

雨が止みますように!


tent.jpg

(>人<)