FC2ブログ
アダルトブログランキングへ SMFOCUS

テーブルの下 2

under_the_table 2



「…なんでもするって言ったよね?」

「…ちゃ、んと言う通りにしたら、…別れない?」

こじれた別れ話に苛立ちを覚えつつ、
軽く追いつめるように言葉を重ねる。

「何でもするって、言ったよね?」
「…うん、言った」

君の瞳の色がおかしい。

喫茶店のテーブル席で下着を脱ぐ。
そんな馬鹿げた命令に、
君の表情が妙にゆるんでいるように感じる。

君は怯えと期待の混じった顔で、
静かに店内を見回した後、
軽く腰を浮かせてスカートに手を入れた。

テーブルに膝が当たり、
気にかからない程度に音が立つ。

そして、目が合う。

どうして君は、
こんな馬鹿げた事をしているのに、
恍惚としているように見えるんだろう。

握りこんで見えないようにしてはいたけれど、
君はそろえた両手をテーブルにのせる。
その中には今まではいていたショーツがある。

君は軽くふるえているようにも見える。
そして頬は明らかに赤い。

「…脱いだよ…?」
「…」
「これで、別れない?」
「…」

まっすぐ俺を見る目は、
まるでセックスした直後のように濡れている。

その表情に押されている自分に気付く。

「…これからも…」
「え?」
「これからも、ずっと俺の言いなり?」
「…」

「…うん、何でもきくよ…?」

別れられなかった苛立ちが大きいのに、
変に興奮した感覚が俺を包む。

女の子を言いなりにできる…?
何でも、言いなりになる…?


その日から、君と俺との関係は形を変え、
ふたりの関係は対等ではなくなった…。





スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

テーブルの下


under_the_table.jpg


 
「…なんでもするって言ったよね?」

君の目を睨むように見据える。
一瞬の間が空き、君は上目使いで聞く。
明らかに動揺しているのに、
君の目は落ち着いている。

「…ちゃ、んと言う通りにしたら、…別れない?」

今度は俺が頷く。


駅前の喫茶店で別れを切り出した俺の話に、
君は静かに耳を傾けていた。

だけど、君はこう言った。

「わたし、別れたくない」
「…」
「なんかうまくいってないけど」
「うん、だよね?」
「でも、別れたくないの」
「…」

「なんでもする」
「…は?」
「なんでもする」
「…どういうこと?」

「私、あなたに従うから、何でも言って」
「…」
「なんでもするから、別れたくない」


店内にはまばらにお客さんが座り、
2人のウエイトレスがウロウロしてる。


でも、どうせ従う事なんてできないだろう、とも思う。

もうこの子とはダメだって、わかる。
そしてそれはお互い様だというコトも、わかる。

だから、できない事を命じて、終わりにすればいい。
その方が、きっとお互いのためだ。


「じゃぁ、今すぐここで、パンツ脱いでみせて」
「…!?」
「脱いだパンツ、テーブルに置いて」

君は大きく息を吸いこみ、俺の目を見返す…。

「こ、ここで脱ぐの…!?」



ゆっくりと…


ホテルの部屋の真ん中、
鏡が見える位置に君を立たせる。

椅子に座り、君を眺める。
今日は全体的に白く、清楚な感じだ。
でもその首には赤い首輪…。

「俺の目を見て」
そう声をかけても、君は顔を上げない

「俺の目を見てごらん」
少し声に力を込めると、
君はゆっくりと顔を上げた。

「目を離さず、一枚服を脱いで」
君はまた、聞こえているのに動かない。

「じゃぁ、指定してあげよう」
「…」
「俺の目を見ながら、そのブラウスを脱いでごらん」
「…」
「わかった?」
「…は…い」

でも君は、ブラウスを脱ぎながら目をそらしてしまう。

「ブラウスはベッドに置いて」
「…はい」

「じゃぁ、次はスカート」
「…」
「今度は目をそらしちゃダメだよ?」
「…はい」

でも、やっぱり君は、
スカートを下ろす瞬間に目をそらしてしまう。

君にゆっくり近付き、その手からスカートを奪う。
君が少し怯えた目をする。

「目をそらしちゃダメだよね?」
そう言いながらゆっくりと笑顔を作る。

「目の前にいるよ、目を見て」
君は素直に俺の目を見上げる。

「そのまま、ブラを外しなさい」

ブラが胸を離れる時、
また君は一瞬だけ瞳を左にそらせてしまった。

「また目をそらしちゃったね?」
「…」

君にゆっくりと一歩、近付く。

「腰の後ろで手を組んで」
そう言うと、君はブラを持ったままその指示に従う。
「動いちゃダメだよ?」

もう形がハッキリしてきた君の乳首を、
右手でゆっくりとつまむ。
君が動くまいと緊張したのがわかる。

「目を見てなきゃダメだよ」
君は慌てて俺の目を見返す。

ゆっくりと、本当にゆっくりと指に力を込める。

君の瞳が少し揺れる。

「3回も目をそらしちゃったからね…」

俺の指の間で君の乳首は形を無くしていく。
快感と痛みが交差しはじめ、
君は息を吐き出した。

さらに乳首をゆっくりとつぶしていく。

tsubusu.jpg



「…ぁっ、あ…」

君が切ない声を出し、目をつぶる。
俺は手をゆるめない。

「ちゃんと俺の目を見て」

君の乳首をつぶす。
痛みの声が、少し湿り気を帯びる。

ゆっくりと指に力を込めたり、ゆるめたりする。
君は段々と声を抑えられなくなる。

「う、あっ…あぁ…」

君の声だけが部屋に響く
ゆっくりと、何度も君の乳首をつぶし、
指先が疲れてきた頃に、

君とゆっくりとキスをした。


ペット

kubiwa.jpg



これまでの君は俺のペットなどではなく、
完全な対等ではなくとも、
上も下もない関係だった。

そしてそれなりに濃密な間柄だった。

これまでの僕らは、
お互いを縛り合う関係だったけれど、
これからの僕らは、あまりに一方的な関係だ。


君の瞳が心の動揺とシンクロして揺れる

「何でもするって、言ったよね?」

「うん、言った」

君の瞳の色がおかしい。
今まで見た事のない淫靡なゆらぎ。


そして君はペットになった。
対等な関係を壊したのは、
本当は君だったのかもしれない。

君は首輪を着け、言いなりのメスになる。
過去の君を想い出し、少し陰鬱な気分になる。
過去の2人を想い出し、苦い気分にもなる。
だから、君に目隠しをする。

憂鬱なら、胸が痛むなら、
いっそ切り捨ててしまえばいいのに、
言いなりのオモチャを手放せない、歪んだ俺。

これまでの君ではもう反応が鈍かったのに、
俺の足を舐める君を眺めると、
俺の性器は驚くほど固くなってしまう。

歪んだ俺と君の関係。

これまで以上に潤む君の性器。

俺はゆっくりと首輪につながるリードを引き、
君の口に固い性器を押し入れた。

君は口を犯されているのに、
くぐもったあえぎ声をもらす…。

ブログについて

このブログは
「過去のSM的な経験」  「俺の歪んだ欲望」
 を物語のように日記のように綴ります

この【ブログについて】がTOPに。
その下に【最新記事】がその下に。
その下に【俺について】があり、
その下に過去記事が…。
という構成で作ってます。

一番古いのから読むと、過去経験の時系列が少し分かるかも。

★  過去の経験での画像は出しません    ★
★  離れてしまった当時のパートナーさんに  ★
★  許可を取る事もできませんしね       ★

時々は
「バイク日記」  「読書感想日記」
「映画感想日記」 「普通の日記」
「ジョーク日記」 「真面目な日記」
なんかも書いていこうと思ってます。


ブログについて、俺について

pinchi.jpg

まずは自己紹介
随時更新予定

【HN】:憂(ゆう)
【誕生】:1972/2/12
【現在】:42歳 既婚

【在住】:北九州市

【身長】:175cm
【体重】:68kg
【体形】:普通 ハゲてない


■■■ このブログについて ■■■

「過去のSM的な経験」  「俺の歪んだ欲望」 を物語のように日記のように綴ります

この【ブログについて、俺について】がTOPに。
その下に【最新記事】があります。
さらにその下に過去記事が…。 という構成で作ってます。

一番古いのから読むと、過去経験の時系列が少し分かるかも。

★ 過去の経験での画像は出しません ★
 (離れてしまった当時のパートナーさんに許可を取る事もできませんので)


時々は
「バイク日記」  「読書感想日記」 「映画感想日記」
「普通の日記」 「ジョーク日記」 「真面目な日記」
なんかも書いていこうと思ってます。

■■■■■■■■■■■■■■■

【趣味】
:バイク ツーリングやレース活動も
:読書 年間30冊くらい読む
  好きな作家 角田光代、辻村深月、佐野洋子、
        小川洋子、森 絵都、小野不由美、
        瀬尾まいこ、乾くるみ、恩田 陸

【煙草】:15年近く禁煙中

【性癖】:S
肉体的に過剰な苦痛を与えるのは好きじゃない
メリハリ無く常に主従関係というのは苦手
コミュニケーションが大切

SMは関係性が大事
愛情の無い関係は無理
でも、屈辱的な事はさせる
言葉でも責める
羞恥を与え、自由を奪い
軽い痛みと快楽で歪む顔が好き
野外で遊ぶのも好き

最後はちゃんとぎゅっと抱き合う

SM的な経験人数(リアル)は2人
メール調教は数人

【好み】
小柄で華奢で微乳 145cm~155cmくらいの子が理想
全体的に線が細く、尻も胸も小ぶりで控えめな方が好き
表の性格は明るくて元気、でも裏では変態でMな子
それでいて落ち着いた面をちゃんと持ってる人がいい
髪の長い女性が好き。 女性らしい感じ
スカートが好き。女性らしさアップ

30歳くらいまでの若い女性を探しています。

でも、裏のパートナーを選ぶチャンスがあったとしても、
きっと「好み」かどうかは最終的には重要じゃ無いんだろうな、と思う。

話してみて、会ってみて、お互いにピンとくるものがあるのかどうか。
それが「縁」というものなのかもしれないなぁ、と漠然と思う。




---------------------------------------
◆ 近況 2014/3/20 ◆
嫁さんとのセックスレスに疲れて
ついに裏のパートナー募集中
30歳くらいまでの子がいいなぁ
月に1度程度楽しみたい
変則勤務中で平日や深夜に遊べる

でも嫁さんとはとても仲良し
家族が最優先 家族は宝物
それが理解できない子とは仲良くなれない

興味ある方はメール下さいな
LINEやskypeもあります。
-----------------------------------------